思春期の「体の変化」を指摘…男性が不快に思ったもの5選

しらべぇ / 2016年3月24日 8時0分

写真

思春期の「体の変化」を指摘…男性が不快に思ったもの5選

思春期

©iStock.com/TAGSTOCK1

思春期の時期には、体にも心にも大きな変化が訪れる。その変化は自分でも受け入れられないものもあり、戸惑いを覚えた人もいることだろう。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男性に限定して「思春期に親などの年長者から体の変化などを指摘され不快に思ったことがある」かどうかの調査を行なったところ、年代別では以下のような結果に。

思春期20代の男性は、自分の体が「男になること」に抵抗感のようなものがあるのだろうか。性の多様化が進む現代で、違和感を感じる人が比較的増えていると推察できるかもしれない。

さらに、しらべぇでは「体のどこを具体的に指摘されたのか」を20代男性の経験者に聞いてみることにした。

(1)ヒゲの濃さ

「母から『うぶ毛がヒゲに変わってきたね』と言われたことがあって複雑な思いをしましたね。自分でも自覚していたので、周囲に言われると余計に。今では、ヒゲをオシャレな方向に持っていけてますけど、当時はどうしていいかわからなかった」(20代男性)

(2)声の低さ

 「声変わりの時期が急に訪れて、周囲から『お! きたね!』と言われたときは恥ずかしさを感じました。前までの自分の声はどこにいってしまったのか...と心の整理がつかなくて、慣れるまでかなり時間がかかったのを覚えています」(20代男性)

(3)性器の大きさ

「合宿に行ってみんなでお風呂に入るとき、アソコの大きさを比べたがる先輩がいて嫌でしたね。自分は大きいほうではなかったので、恥ずかしい思いをしました。人よりもアソコへのいじりに対しては敏感だったかも...。トラウマになってしまって、銭湯行くのもトイレしてるときに見られるのも抵抗がありますよ」(20代男性)

(4)ニキビ

「思春期になってから顔にニキビができ始めてきて、周りから『ニキビ面』っていじられてました。女子も陰口で言っているのが聞こえて、すごい不快で。そのときから化粧水とか乳液から高いものを使っていたので、今では女子にも負けないぐらいツヤツヤ肌を維持してますけどね」(20代男性)

(5)独特な臭い

「部活が終わって家に帰ってきたときに、その汗の臭いが『オヤジみたいな臭いがする』と言われショックを受けました。『体操着に顔を埋めると吐き気をもよおす香ばしい臭い』と失礼な表現までされましたよ。それから臭いを気にしだして、制汗剤をつけまくってました」(20代男性)

このように、「大人になる」という一見喜ばしいと思えることでも、思春期の若者には自分の変化を受け入れられず、他人から指摘されることを恥ずかしく思う人もいるようだ。

「性への意識」に敏感な若者が増えていることは、今の時代性も考えると非常に興味深いデータであった。

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie)

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男性681名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング