「鼻水vsおなら」周囲からより嫌がられているのは…

しらべぇ / 2016年4月8日 10時30分

写真

「鼻水vsおなら」周囲からより嫌がられているのは…

deeepblue/iStock/Thinkstock

deeepblue/iStock/Thinkstock

春は心躍る季節でもあるが、杉やヒノキの花粉が舞い散る憂鬱な時期でもある。

マスクやメガネで完全防備をしている人も多いが、好きな人とデートするのにマスクをするのは嫌なもの。だからといって、マスクをせずにくしゃみを連発するのはもっと感じが悪いはず。

ましてや気づかないうちに鼻水が垂れていたらと思うと...。

■鼻水とおなら、どっちが恥ずかしい?

そこでしらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1352名を対象に、「鼻水をたらしている人とおならをした人のどっちが許せない?」と聞いてみたところ、64.5%の人が「鼻水のほうがイヤ」と答えた。

鼻水とおなら

世間的にはおならより鼻水のほうが許されないようだ。これはマスクをしないわけにはいかない。

■男性は女性のおならが許せない?

男女別に見てみると、女性のほうが男性より10%ほど「鼻水のほうが許せない」と考える人が多いと判明。

鼻水とおなら男性のほうが女性よりおならを頻繁にするイメージがあるが、意外にも、男性のほうがおならに厳しいらしい。とくに異性のおならともなると、

「自然現象だから仕方ないと思うけど、憧れの彼女のおならを聞いたら、一気に冷めると思う」(30代・男性)

このように考える男性も少なくないだろう。

一方、男性と比べ女性のほうが相対的に、鼻水に対して厳しい結果に。おならは目に見えないが、鼻水は周りの目にさらされてしまうもの。女性の美意識の高さが表れた結果だろうか。

女性の鼻水に関する意見では、こんな声も聞かれた。

「アニメでも、おならをするキャラクターは豪快にも見えるけど、鼻水をたらしたキャラクターは間抜けな感じしかしない」(20代・女性)

■コンプレックスが多い人ほど...

さらに、「自分はコンプレックスが多い」と考えている人は、そうでない人に比べ「鼻水のほうが許せない」と回答した人が多い結果に。

鼻水とおなら

おならははずみで出てしまうこともあるが、鼻水はマスクや薬で予防しておけば、かなりの確率で防げる。

コンプレックスが多い人ほど、「せめて鼻水ぐらいは見せないように」と注意しているため、他人の無防備が許せないのかもしれない。彼氏や彼女がそうしたタイプなら、鼻炎薬をしっかり服用しよう。

(取材・文/しらべぇ編集部・上江洲規子)

qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日
対象:全国20代~60代の男女1348名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング