ふかわりょうとマジ喧嘩の岡本夏生がテレビ引退!ショックの声も

しらべぇ / 2016年4月14日 21時0分

写真

ふかわりょうとマジ喧嘩の岡本夏生がテレビ引退!ショックの声も

※画像は岡本夏生オフィシャルブログのスクリーンショット

※画像は岡本夏生オフィシャルブログのスクリーンショット

TOKYOMX『5時に夢中』を降板後、一切のブログ更新を行わず失踪状態となっていた岡本夏生が11日、トークイベント『ガチハル』に出演し、共演のふかわりょうと「ガチ喧嘩」になり話題になった。

このトークイベントは『5時に夢中』降板前から決定していたものだったが、降板後岡本との連絡が一切とれなかったため、主催者サイドが代役を手配するなど混乱し、チケットの払い戻しが行わる異常事態に発展。

当日になって岡本がひょっこり現れてイベントに出演したものの、打ち合わせがなかったこともあり、ふかわりょうと激しい口論に発展。観覧者によると、その様子は凄まじいものだったそう。

昨日ガチハル行った。
こわいこわい。
あの喧嘩はどう見たってやらせじゃなかった。
いかれてる?不安定?問題児?そんなの前からだし。
クレイジーな面だけみないで。
YouTubeに5時夢で震災被災地訪問した回見て。別人。

— しおしお (@shioshiosence) April 12, 2016

結局ふかわが「絶縁」を口にし、12日と13日のイベントは代役が出演することに。そして13日、『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ)の取材を受けた岡本は「ひっそりとテレビ以外で生きていく」と話し、テレビ引退を宣言した。

■フリーランスのであるがゆえの行動?

岡本夏生はかつて芸能事務所に所属していたが、現在はフリーランスのタレントとして活動中。『5時に夢中』内で営業、打ち合わせ、ギャラ交渉などすべて自分で行っていることを告白しており、つねにボイスレコーダーを持ち歩き、会話を録音していることも公言。

フリーランスであるがゆえ、非常に野心が強く、リスクを冒してでも「仕事で成功しよう」と考えているのだろうか?

ちなみに、しらべぇ編集部の調査によると、一般人で「人間関係や家庭を犠牲にしても仕事やビジネスで成功したい」と考えている人は、約2割となっている。

shirabee040722

一般社会ではビジネスの成功よりも人間関係や家庭を大事にする人が多いが、やはりフリーで厳しい芸能界を生きぬくのは難しく、なりふりかまってはいられないのかも。

しかし、長年番組で共演し共鳴する仲だったふかわりょうとの喧嘩と絶縁は、彼女にとってプラスになるとは思えないが...。

■引退にショックの声も

『5時に夢中』内では歯に衣着せぬ発言や、奇抜なコスプレで視聴者を楽しませていただけに、引退についてファンからはショックの声も多い。

北島康介に野口みずき。現役を退く決断をしたアスリートが続いているが、高齢化日本を元気にしてくれてた意味では、熟女タレントの岡本夏生引退が今一番惜しまれる決断だ。

— masako (@tearfulzebra) April 14, 2016

テレビ引退を宣言した岡本だが、イベントやライブ活動などは続けていく模様。また違った形での芸能活動を期待したいものだ。

・あわせて読みたい→岡本夏生が佐々木健介を怒らせ『5時に夢中!』降板?意味深な謝罪が話題

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の有職者639名

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング