【どんな病気や怪我より痛い】恐怖の「尿路結石」経験者に感想を聞いてみた

しらべぇ / 2015年1月2日 10時0分

Photo by Emran Kassim https://www.flickr.com/photos/emrank/3079721050/

会社員になって2年目の秋、ある日のことでした。いつものように部署一番乗りで出社した筆者は、誰もいないフロアでパソコンを立ち上げ、仕事を始めようとしていました。その時、何の前触れもなく、右腹部に強烈な痛みが! まるで小腸のあたりが内側から爆発したかのように感じました。

当時、会社には医務室がありましたが、エレベーターのあるところまで歩くことができない。声をあげて助けを呼ぼうにも、痛すぎて声もでないし、そもそもまだ誰もいない。「ああ、俺は今日死ぬのか」大げさではなく、そう思いました。

何とかエレベーターまで這って行き、診察を受けることができましたが、脂汗を垂らしながら症状を伝えると、お医者さんからは

「では、これにおしっこを採ってください」

の一言。当時、意味がわからなかった筆者は、「お前、元気になったら覚えとれよ!」と、思わず言いそうになってしまいました。

「何を悠長なことを言っているんだ。人の生死がかかっているんだぞ」という、私の切羽詰まった気持ちが伝わって、やっと、救急車を呼んでもらうことができたのですが…。

病院での診察は

医者:どんな痛みですか?
筆者:とにかく、急に、腹の内側から、ズーン!とかグサッ!って感じで…
医者:最初の痛みを「10」とすると、今はどれくらいですか?
筆者:じゅ、12!
医者:おそらく、「石」ですね。
筆者:は、はい?
医者:一応、レントゲン写真を撮って、調べてみましょう。

といったやりとりで、初めて、「石=尿路結石」なるものを知りました。

麻酔をかけて、レントゲンを撮ったところ、「結石」と断定。幸いサイズが小さかったので、手術も必要なく、「しばらくしたらおしっこと一緒に出てくるだろう」と、痛み止めだけを処方されて帰ることになりました。

数日後に改めて調べてみると、結石はなくなっていて、どうやら知らないうちに出ていたようです。もう少し大きいものだと、出てきた時に、便器にあたって「カランコロン」と音がしてわかると聞きました。さらに大きく、尿道から出てこない可能性がある場合、超音波で砕いたり、開腹手術で取り出すこともあるとか。なんて恐ろしい…。ちなみに、冒頭の「おしっこ採って」は、結石だった場合、石で尿路が傷つき、尿から血液成分が検出されるからだそうです。

それからというもの、酒の場などでたまにある謎の「過去の痛み自慢」の場では、絶対に負けない自信があるのですが、あの痛みを味わったことがある人がどれくらいいるのか、気になったので調べてみました。

Q.尿路結石になったことがある人

sirabee_nyoro_201412261800graph

・男性:7.3%
・女性:2.3%

男性の方が多い結果となりました。「女性より男性の方が、尿路が長いから」という説が主流です。

アンケートでは、体験者の方から、その時のエピソードを聞いたところ、

「人生で一番痛い思いをした」
「初めて発作が出たときは、何かわからずもう死ぬと思った」
「むしろ『死んでしまいたい』と思うほど痛い」
「尿管結石で会社を休んで、治ってから出社したら、先輩に『石』ってあだ名を付けられた」

といった、体験者仲間としては頷かずにはいられない感想ばかり。中には

「何回も再発していると、『明日には来るな』と、予想できる」

といったツワモノも。あんなの何回もなっていたら、想像しただけでぞっとします。

そんな尿路結石、防ぐには

・水分補給をこまめにする
・ほうれん草やチョコレート、紅茶やたけのこといった、「シュウ酸」を多く含む食べ物を摂りすぎない

のがよいそうです。皆さんも、お気をつけください。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo https://qzoo.jp/public/landing/sirabee/ 」

調査期間:2014年11月14日(金)~11月16日(火)
対象:全国20代~60代の男女1500名

(文/しらべぇ編集部・植岡耕一 http://sirabee.com/author/koichi_ueoka/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング