【八百長疑惑】内閣だったら即解散? 釈明会見したアギーレ監督の支持率をザッケローニと比較

しらべぇ / 2014年12月27日 18時45分

Photo by sean https://www.flickr.com/photos/seaninjapan/3836108047/in/photolist-6QZ4gV-6QZ4BH-6QZ3PX-fyVKj-nrZ1Vx-fyVKE-nJrfL7-nJsYe6-fEyFS-nZMVQC-9oumjd-a28t2s-gmD52-gmD56-a28J3f-nHqFnq-o2Hgtz-gmD8W-fF31y-nHoSXv-nXTYJN-nZQgt3-nHrJb9-nJbLDk-nHsk9V-6Vscht-qf7GTa-pXxZch-qcQspq-qcQxcw-pXy4vN-pXxP15-pimRQ8-pXFkaa-qf7YFH-qeWDjc-fEQ2W-6R44bW-fEvaP-fEyFL-47aLaY-6QYZ7F-6R43V1-6QZ3BT-6QZ1mk-6QZ2Ra-6QZ2Cn-6R473C-6R453o-6QZ17k on flickr

サッカー大国ブラジルにて行われたW杯で、惨敗した日本代表。期待値が大きかったゆえに、国民の多くが肩を落としたのは記憶に新しい。

そんな再出発の舵取りを任されたのはメキシコ人のハビエル・アギーレ氏。しかし、今となっては、彼に課された使命は、代表の立て直し以前に「八百長の疑い」を晴らすことのようだ。

そのアギーレ監督が、12月27日夜、都内で記者会見を行ない、自らの口で潔白を主張した。

一方で今、代表サポーターや一般の人々は、アギーレ氏に対してどのような印象を持っているのだろうか? そこで、しらべぇ編集部ではアンケートサイト「マインドソナー https://mind-sonar.com/target/Wb46bcb59-645e-4b0d-9474-62f9068f96ed 」を使って調査を実施した。

Q.サッカー日本代表のアギーレ監督の続投を望んでいる?

agi-2・YES:13.5%
・NO:86.5%

「低すぎる支持率」という見出しで新聞に掲載されるのがピッタリな結果。これが内閣支持率だったら、とんでもない状況かもしれない。

■ちなみに、男女別で見てみると

男女別アギーレkakutei

・男性:15%
・女性:10%

せっかく女性ファンが増えてきたように感じられる昨今だが、女性の支持率がとくに低い。このままの続投は、「黄色い声援」の維持には悪影響なことが見てとれる。

■せっかくなのであの人の支持率と比べてみる

さらに「マインドソナー https://mind-sonar.com/target/Wb46bcb59-645e-4b0d-9474-62f9068f96ed 」を使い、男女537人に聞いてみた。

Q.アギーレ監督よりもザッケローニ前監督の方がよかったと思う?

アギーレgurahu

・YES:34.5%
・NO:65.5%

これほどまでも低評価なアギーレ監督と比較しても、支持率が少ないザッケローニ前監督。本田選手に長友選手、香川選手や内田選手など、海外で一流クラブで活躍する優秀な選手陣を揃えながらも、W杯で結果を残せなかったせいだろうか。

■「次の監督候補」はどんな人たちがいる?

日本代表の監督去就問題はどうなるのだろうか。報道で名前が上がっている候補を一挙ご紹介しよう。

・ファビオ・カペッロ

2014年のW杯では、ロシア代表監督として、3大会(12年)ぶりにロシアを本戦出場に導いた。先日行われたクラブW杯を制覇したレアルマドリードで2度も監督を歴任し、2度のリーグ制覇を果たした。名将として常に去就が注目されるイタリア人は、続投中のロシア代表監督としての給与が支払われてないことから、ロシアサッカー協会との関係が悪化。監督に対する金払いのイイ日本での監督業に興味津々との情報が。

・アーセン・ベンゲル

日本代表の次期監督の話題になると必ず名前が挙げられるフランスの名将。イングランドの名門アーセナルFCでは2003-04シーズンに世界最高峰のプレミアリーグで無敗優勝に導くなど、レジェンド級の実績を誇る。また、日本のJリーグでも監督経験があることから、日本人選手の特徴をよく知る監督として、就任が期待されている。

・レヴィー・クルピ

ブラジルの名門クラブであるアトレチコ・ミネイロやクルゼイロECなどの監督を歴任するなどブラジルでも屈指の指導者。日本のセレッソ大阪では2度の監督経験があり、香川真司や柿谷曜一朗、乾貴士、清武弘嗣、南野拓実など、多くの若手を日本代表に輩出したことから、育成力にも定評がある。

・ストイコビッチ

次期監督候補として、多くの日本人サポーターからの期待を背負っているのがこの人。選手としての全盛期に“ピクシー”の愛称で親しまれたスターであったことはご存知の方も多いはず。選手として日本サッカーの繁栄に貢献した後の2008年から名古屋グランパスの監督に就任。

2013年までチームを率い、アジアの頂点を決めるアジアチャンピオンズリーグへの出場を2度も果たした実績をもつ。大の親日家としても知られており、名実ともに日本代表監督に適任との声が多数。

東ヨーロッパ初となるロシアで行われる2018年のW杯では、「◯◯JAPAN」の文字が世間を賑わすのか? 不安でありながら、楽しみもつのる。

(文/しらべぇ編集部・小林 祐太朗 http://sirabee.com/author/yutaro_kobayashi/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング