【年末年始も要注意】20代を境に急増! 「所持金が底を尽きた経験がある人」は58.1%

しらべぇ / 2014年12月29日 13時0分

冬のボーナスで懐が温まるこの時期。一方で、忘年会だなんだと、何かとお金がかかる年の瀬。突然ですが、あなたはリアルに所持金が底を尽きたことはありますか? ほんとうに、ほんとうに、小銭すらなくなった経験はありますか?

「そんな経験はないし、全く想像つかない」と言う人もいれば「あの時は辛かった」と言う人もいることでしょう。

実際、「所持金が底を尽きた、または尽きかけた経験がある人」はどのくらいいるのか。しらべぇ編集部では、アンケートサイト「マインドソナー https://mind-sonar.com/target/W8b6b68a6-0e18-4d77-aa63-965a744996a9 」で調査を行ないました。

Q.所持金が底を尽きた、または尽きかけた経験はありますか?

しらべぇ1229所持金2・ある:58.1%
・ない:41.9%

男女ともに約6割が経験あり、という結果になりました。また、20代を境に「経験あり」が半数以上となっています。やはり転職や失業などは、少なからず経済面に影響があるのでしょう。

しらべぇ1229所持金3・10代:37%
・20代:59%
・30代:62%
・40代:55%
・50代:62%

さて、このような境遇に対面した時、人はどのような行動を取るのでしょうか?経験のある数名に、その時のエピソードを聞いてみました。

Q.所持金が底を尽きた、または尽きかけたのはどんな時ですか?

・大学1年生の時、麻雀覚えたての頃に一度一文無しになった
・給料日を目前に1000円を切った
・遠距離恋愛をしていて東京⇔大阪間を行き来しすぎ、気付いたら一文無しになった
・社会人3年目の時、給料が入らなかった

Q.その時に取った対策は何ですか?

・バイト代が入るまでの1週間の食費を友人に借りた
・マンガを全部売って一時的にしのぎ、今後も起こりうることだったのでバイトのシフトを倍近く増やした
・母親に借りた
・布団にくるまっていかにお金を出費しないか毎日考えた

もし「ちょっと現金が心もとないな」と思ったら、今すぐ大掃除をして、不要品を売りに出して見るのも手かもしれません。

また、年末年始に落とし穴になりがちなのが、銀行やコンビニのATMが利用停止 http://www.sevenbank.co.jp/support/info_newyear2015.html になること。クレジットカードや電子マネーがあれば、生活はできるかもしれませんが、それで「お年玉」をあげるわけにはいきませんよね。

お金の準備も万端にして、どうかよいお年を。

Photo by Thirteen Of Clubs on Flickr https://www.flickr.com/photos/thirteenofclubs/2283300386

(文/しらべぇ編集部・河野杏子 http://sirabee.com/author/kyoko_kono/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング