茨城県では当たり前?「そぼろ納豆」が本気でウマい

しらべぇ / 2016年10月29日 7時30分

写真

茨城県では当たり前?「そぼろ納豆」が本気でウマい

関東でもっとも知名度の高い納豆の生産地といえば、茨城県水戸市である。

だるま納豆や天狗納豆など、数多くの老舗納豆メーカーが店を構える地域だが、じつは納豆を使った郷土料理の数はさほど多くない。

■水戸市に納豆料理が少ないワケ

東北では納豆を使ったみそ汁『納豆汁』や、もちに納豆をかけた『納豆もち』などさまざまな納豆料理があるのに、水戸にはなぜ納豆料理が少ないのだろうか?

一説によると、水戸市を中心とした茨城県ではどこでも当たり前に売られている納豆料理『そぼろ納豆』があまりにウマすぎるからではないかとも言われている。

■そぼろ納豆とは

IMG_9142

『そぼろ納豆』とはいったいどのような料理なのだろうか? 名前だけ聞くと鶏のそぼろと納豆を混ぜた料理かと思いきや、意外なものと納豆がまざった料理だった。

IMG_9143

その意外なものとは、なんと『切り干し大根』。そぼろ納豆とは切り干し大根と納豆をあわせ、醤油などの調味料で漬け込んだ伝統的な惣菜なのである。

IMG_9145

しらべぇ取材班が購入しただるま食品のそぼろ納豆は、たっぷりの納豆と切り干し大根が混ぜられており、納豆の匂いがワリと強烈なものだった。

IMG_9148

しかし、ご飯に乗せると不思議と納豆の匂いと白米の匂いが良い具合に調和され、非常に美味しそうな香りに変化する。

IMG_9156

実際に食べてみると、納豆の美味しさに切り干し大根のクニっとした歯ごたえが加わり、非常に美味しい。

これはご飯にかけるだけでなく、そのままお酒のおつまみにも良いし、味が濃いのでお茶漬けにも最適だと思う。

福島県では白菜漬けと納豆をあわせて食べるのが定番だが、このそぼろ納豆もそれに負けず劣らず美味。

東京だとあまりスーパーで見かけることはないが、もし見つけたら納豆好きはぜひ買ってみよう。

・あわせて読みたい→【衝撃】ジェンキンス氏に「好きな寿司ネタ」を聞いてみた結果

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング