新人アナ・伊東紗冶子が「神ボディ」で話題 事務所の方針転換に感謝

しらべぇ / 2016年11月4日 17時0分

写真

新人アナ・伊東紗冶子が「神ボディ」で話題 事務所の方針転換に感謝

伊東アナ

(画像は週プレnetExtraのスクリーンショットです)

「神スイング」の稲村亜美や、広島東洋カープ・鈴木誠也の「神ってる」など、今年はなにかと神がついたコピーが多い。

簡単に神と言うなんてけしからん......と怒る人もいるかもしれないが、最近人気急上昇中のとある「神ボディ」な女子アナは、たしかに「けしからん」と言いたくなる素晴らしさだ。

■新人アナなのに水着?はやくも話題沸騰

「キャスター界No.1の神ボディ」として評判なのは、新人フリーアナウンサーの伊東紗冶子。

彼女は女子アナ好きなら必ず知っている芸能事務所「セント・フォース」に今年7月に所属したばかりなのだが、『週刊プレイボーイ』で水着が掲載されるや否や人気が話題沸騰。

たしかに、スラッとした手足と対照的な豊かなバストは目を引くものがある。

最近、女性雑誌でモデルをしながら男性雑誌でグラビアも行なう、いわゆる「モグラ」たちがグラビア界を席巻しているが、そこに新たな風穴を開けてくれそうな予感も。

当時ミスコン史上最高の逸材と僕の中で話題だった伊東紗冶子ちゃんが圧倒的けしからんボディーなので共有します。 pic.twitter.com/6i0WUiW6mA

— 失禁グパパ (@uwakinosusume) 2016年10月31日

この伊東紗冶子とかいうアナウンサーなまらスタイルいい!! pic.twitter.com/c4l14VEvjv

— 世界のたかし総書記@肌色パンスト (@takashi1985f) 2016年11月2日

伊東紗冶子ちゃん
朝からけしからんおっぱい(俺のタイミング)

— なるべくtomas (@parade_koushin) 2016年10月31日

ネット民の中にも、注目する人は多い様子だ。

■セント・フォースは元々水着NGだった?

ところで、女子アナというのはある意味、グラビアとは真逆の世界に身を置く職業である。

清楚で真面目な雰囲気であることが重視され、露出も少ない。

少なくとも、水着で活動している人がキャスター業もすることは、過去にはあまりないことだった。

しかし、そんな風潮も変わりつつあるようで、同事務所に所属する新井恵理那アナや、お天気キャスターの美馬怜子がすでに水着写真集を発売済み。

ミニスカが代名詞の山岸舞彩アナの人気などもあって、同事務所は徐々に路線を変更しているようだ。

美しく、知的であり、それでいて色気もある......もはや並のグラドルたちが駆逐されそうな気もするが、読者たちは事務所の方針転換に感謝したい気分だろう。

■大きいほうがいいか、小さいほうがいいか...男性の本音は

「なんでも調べるサイト」と評されるしらべぇでは、女性の胸に関する調査は過去に数十回程度実施済み。

以下はその結果のひとつだが、ほぼすべての年代で「大きいほうが好み」と答える男性が多くなっている。(C、Dを支持した「普通派」は除外して算出)

巨乳派か貧乳派か

つまり、この記事の主役である伊東アナは最低5人に1人の支持者がつきそうだ。

■女子に診てもらうと......

とは言え、サイズが公表されていない以上、本当に該当するのかはわからない。

ということで、記者は女性の胸に詳しい知人の女性(20代・匿名希望)に写真を見てもらい、判定してもらうことにした。

「この方、最近出てきてるね! 可愛い。しかし、多分、水着で胸を寄せてると思うんだよね。Dか、Eジャストじゃないか?笑

昔の井川遥さん方式にワンカップ小さい水着を着せたり、布面積の大きい水着を着せてグッと寄せている気がするから、ものすごく巨乳なわけではないと思う。

ただ、足も細いし、身体のバランスが良いから今ドキの身体だよね」

昨今ではさまざまな「盛る技術」が向上しているとされる。それは水着の上に乗る脂身の量だったり、写真にしたときの見栄えだったりだが......。

なんだかいまいち夢のない返答になってしまったが、いずれにせよ素晴らしいプロポーションなのは間違いない。

今後の活躍に期待し、チェックしておこう。

・合わせて読みたい⇒筋肉マエストロが選定! 今、見るべき「美筋グラドル」5選

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

qzoo-200x94【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2015年3月1日~2015年3月3日 
対象:全国20~60代の男性276名(有効回答数)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング