ドコモ「iモード」終了にガラケーユーザーが悲嘆 「高齢の親が心配」の声も

しらべぇ / 2016年11月3日 11時0分

写真

ドコモ「iモード」終了にガラケーユーザーが悲嘆 「高齢の親が心配」の声も

ガラケー

Image Source Pink/Image Source/Thinkstock

NTTドコモは、2日、iモードケータイの出荷を今年11〜12月をめどに終了し、在庫限りで販売終了することを発表した。

iモード搭載の『らくらくホン』は当面出荷を継続し、iモードサービスもこれまで同様に利用できるという。

■流行語大賞ともなった『iモード』

iモード

iモードは、1999年に始まった世界初の携帯電話によるインターネット接続サービス。NTTドコモのシェア拡大に大きく寄与するとともに、日本のネットユーザーが裾野を拡げることにもつながった。

1999年の新語・流行語大賞トップテンにもランクインしている。

一方で、iモードサービスにこだわったことがスマートフォンへの対応を遅らせ、iモードケータイを含む従来型携帯電話は、「ガラケー(ガラパゴス携帯の略)」とも呼ばれている。

■ユーザーからは寂しさや嘆きの声も

ネットでは、iモードを利用していた頃を懐かしむ声とともに、自らや高齢の親が使っているために心配も表明されている。

ガラケーは消えていく運命か...両親まだガラケーなんだけど大丈夫かな...

— 魔法使い (@tsukai3) 2016年11月2日

個人サイトをiモード対応にするとか、楽しかった。

— HrsT (@HrsT_jp) 2016年11月3日

ガラケー生産終了って。
まだまだ使っているσ(・д・мё))に
とってはダメっしょ。
スマホ料金高い。なくなるなら
断然見直ししてもらいたい

— dekoco299 (@dekoco29) 2016年11月3日

iモードは 個人的にはチケットGET用最強ツールだと思っているので、サービスだけはなくなって欲しくはない(;´Д`)

— 黄緑一色 (@huangluseyise) 2016年11月3日

ガラケー最高だよ!通信量気にしなくていいし、コンパクトだし、操作ややこしくないし、LINEしなくてすむし。

— 零音 (@amasakirain) 2016年11月2日

えっ!!?
iモード携帯終了とか私終了のお知らせすぎる・・・
今使ってるの壊さないように使わなきゃ・・・

— メグ (@megblue67) 2016年11月2日

ついにiモードの終焉か...なんだかさみしいね

— めぐみ@11月は毎週遠征 (@chaco077) 2016年11月2日

こうした施策により、スマートフォンの普及がより一層進むのか。高齢ユーザーは「らくらくホン」的なサービスに集約されるのか。

日本のインターネットを牽引した「発明」の終わりを、感謝とともに見送りたい。

・合わせて読みたい→スマホはガラケーより文字が入力しづらい!約半数の人がイライラする理由とは

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング