なにこれかわいい!白いカラフルポッキーが止まらないおいしさ

しらべぇ / 2017年6月20日 6時30分

写真

なにこれかわいい!白いカラフルポッキーが止まらないおいしさ

(期間限定の『ポッキー<カラフルシャワー>』)

6月20日江崎グリコから期間限定『ポッキー<カラフルシャワー>』が発売された。白いプレッツェルに、真っ白いレモンクリーム、カラフルシュガーのトッピングは、キュートでフォトジェニック。

爽やかなレモンクリームと軽い塩味のプレッツェルの味わいに、カラフルなザラメの甘みがレモンの酸味を引き立て、シャリシャリとした食感も楽しい。

この止まらなくなるフレーバーが、限定発売だなんて…と考えたら、大人買いしたくなるレベル。

おいしくて、かわいい『ポッキー<カラフルシャワー>』を作ったのは、どんな人なのか? しらべぇ取材班は、同商品の開発担当者である江崎グリコ マーケティング本部・金澤結衣さんに話を聞いた。

■白さを出すのが大変だった

©sirabee.com

入社5年目、ポッキーを担当して2年になるという金澤さんは、今回開発した『ポッキー<カラフルシャワー>』と同じくらい、かわいい。

もちろん、かわいいだけでなく、テキパキと質問に答えてくれる。

金澤さん:まず大変だったのは、白さを出すことでした。軸になるプレッツェルを焼くと、通常のポッキーを見ていただけるとわかると思いますが、こんがりと焼き色がつきます。これを白いまま焼き上げるための、材料の配合が難しかったです。

白いレモンクリームなので、軸に焼き色がついていると、透けて黄色っぽくなってしまう…それでは、このカラフルなトッピングが活きないので、研究所と白さを追求しました。

(左の<カラフルシャワー>と右の<大人のミルク>では、プレッツェルの色がかなり違う)

しかも「白さ」との戦いは、プレッツェルだけじゃなかったという。

金澤さん:レモンクリームもこの白さを出すまで、何度も何度も…。このレモンの味わいを出すために必要な素材にはビタミンなど、どうしても黄色がかった色味が出てしまう成分があるので、こちらも研究所と工夫を重ねました。

一時は「白さ」を優先するために、色のつかないバニラなどの案も出ましたが、夏のポッキーとして爽やかな後味を実現するために、妥協したくなかったんです。

■カラフルへのこだわり

「白さ」への苦労を語ってもらったが、全てはトッピングの「カラフルさ」を際立たせるため。

金澤さん:カラフルなトッピングをした「ポッキー」は、これまでありませんでした。夏の「ポッキー」のキャンペーンは、「冷やしておいしい×楽しい」。

トロピカルで、華やかなものの多い夏に出す商品として、おいしさはもちろん、カラフルで楽しい商品にしたいと思いました。

しかし、このカラフルなザラメのトッピングも、一筋縄ではいかなかった。

金澤さん:最終的にトッピングの色は、オレンジ・赤・青・紫になったのですが、色の組み合わせだけでも、かなりのパターンを作りましたね。

製造する際、トッピングの工程では、バランスよく散らして付けるのも難しいのですが、ザラメが混じると茶色っぽくなるんです。いろんな絵具を混ぜると、茶色っぽくなったり、黒っぽくなったりするのと、同じ感じです。

そうならない色の組み合わせが、このオレンジ・赤・青・紫の4色。4つの色を合わせる――4合わせで「しあわせ4色」というのも、この商品のポイントになっています。

(白さやカラフルへのこだわりの強さは、この女子力高い手元からもうかがえる)

■個包装の内袋も特別に

(キャンペーンで32種類ある個包装バリエーションの一部)

トッピングは色だけが大変だったわけではなく、カラフルさを出すためにザラメのサイズにもこだわった。

金澤さん:実はこの『ポッキー<カラフルシャワー>』は、通常の「ポッキー」個包装の内袋より、厚みがあるんです。

カラフルさや食感、おいしさのためにザラメの粒が大きめで、物流やお客様が持ち運ぶ際に、いつもの「ポッキー」の内袋の厚さでは、破けてしまう可能性があったので、厚みのある素材に変えています。

内袋を納入してくださる協力会社の方には、「え? そのためだけに、変えるんですか?」と驚かれましたが、逆に粒を小さくして、このカラフルさやおいしさを妥協する――という選択はありませんでした。

これがレギュラー販売の商品や、店頭で目につく外側のパッケージなら、コストのかかる変更をするのもわかるが、限定販売。しかも、今回キャンペーン対象の商品は特別仕様のため、それでなくても「大変だったろうな」という内袋なのだ。

それを「妥協する選択はなかった」というのは、なかなかすごい。

■おうちの中で夏祭り

(「カラフル個包装AR 夏のポッキーを楽しもう!」キャンペーンサイト)

金澤さん:今回のキャンペーンでは、夏らしいデザインを8種類。対象商品の4つの「ポッキー」<カラフルシャワー><チョコレート><極細><大人のミルク>ごとに色が違って、ポッキー史上初の32バリエーションの内袋があります。

通常のロゴが入った内袋と違って、こういうデザインだと色数が多く、製造工程でセンサーをきちんと作動させる難易度が上がります。その点でも、かなり大変でしたね。

このキャンペーンの限定デザイン、ARアプリ「aug!」をダウンロードして撮影すると、デザインごとに違ったARが楽しめるという。

©sirabee.com

こんな形で顔をはめ込んだ画像も撮影できるので、お子さんや友達と楽しめそう。

金澤さん:どのARもかわいくて楽しいですが、個人的にはペンギンがお気に入りです。水風船もおもしろくて、小ネタが詰まっていて…ネコの鳴き声とか、家族や友達と楽しんでもらいたいですね。

暑い季節になりますから、おうちの中で氷を入れた器にポッキーを袋ごと入れて、冷やす「#カラフルオンザロック」で、おいしく、楽しく食べてもらえると嬉しいです。

これからの時期、気温が高くなると外遊びも限られてくる。

そんな時には部屋の中で、冷やしたポッキーを家族や友達とシェアしながら、花火や水風船のARで夏祭り気分を味わうのが、この夏オススメの過ごし方になりそうだ。

・合わせて読みたい→子供と公園へ!スヌーピーのARアプリが大人もハマるかわいさ

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング