日野皓正の体罰疑惑に『サンジャポ』も激論 爆笑・太田の発言に批判が殺到

しらべぇ / 2017年9月3日 16時30分

写真

日野皓正の体罰疑惑に『サンジャポ』も激論 爆笑・太田の発言に批判が殺到

(MIXA next/Thinkstock)

トランペット奏者・日野皓正が指導している中学生ジャズバンドのドラム演奏者への「体罰」が報じられ、議論を巻き起こしている。

3日に放送された、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』でも騒動を取り上げた。そんな中、飛び出した爆笑問題・太田光の爆弾発言が話題だ。

■激論を呼ぶ爆弾発言

MCを務める爆笑問題・田中が意見を求めると、激論が繰り広げられた。

西川史子:ビンタのシーンだけ断片的に見ると酷いなと思うけど、理由があってやってるんですよね? (日野氏が)「文化をダメにしている」というのもわかる。

テリー伊藤:ビンタの前後で演奏が変わったのか子供たちに意見を聞いていない。

その部分だけを切り取って批判することに疑問を持っている出演者に対して爆笑問題・太田光は…

「大した音楽家じゃないんでしょあの人。コミュニケーションをするのにビンタしないといけないんだったら大した音楽家じゃないでしょ。じゃあ日野さんのことが気に入らなければビンタしてもいいの?」

と、独自の見解を展開し日野に対する不快感も露わにした。

■ネットでは批判殺到

ネットでは「太田光の考えに失望した」「感情的すぎ。炎上商法に間違えられても仕方ない」などと批判が殺到している。

太田光の考えに失望した。
日野皓正さんの往復ビンタは、生徒が全体のことを全く考えず自分一人で暴走していた事を戒めるためにした事。太田光が言ってた「お笑い芸人がお客さんをくすぐって笑わす事と一緒」って事とは全く違う。体罰否定かもしれないが睨みを利かすのも全く違う。#サンジャポ

— SBN (@hiroshibano) September 3, 2017

サンジャポの太田ダメだ。世界の日野皓正を大した演奏家じゃないとか、感情的過ぎ。炎上商法と思われても仕方が無い。 #サンジャポ

— いのけし INOKESHI (@inokeshi) September 3, 2017

さらに、数多くの炎上を巻き起こした、上西小百合議員もTwitterで太田光の発言に言及している

サンジャポ。太田さんが〝日野さんのパフォーマンスじゃないの〟って意見は追い込まれて言ったんだろう。大したミュージシャンじゃないって発言には〝叩かなきゃコミュニケーションとれないんなら〟って補足していたぐらいだから言い過ぎたと思ったんだろう。

— うえにし小百合(上西小百合) (@uenishi_sayuri) September 3, 2017

■チャンネルを変えたくなる芸能人はいる?

しらべぇ編集部では、全国のテレビを観る20代〜60代の男女1,117名を対象に「テレビに出ていたらチャンネルを変える芸能人がいる」か調査を実施。

テレビ©sirabee.com

4割ほどの人が「チャンネルを変えてしまう芸能人がいる」結果に。キャラや発言に「イラッ」とすることでチャンネルを変えてしまうことがほとんどかもしれない。

太田は多くの番組で、ネタでは済まされないような発言をすることも多い。「視聴率のための炎上商法」と思われない冷静なコメントを期待したい。

・合わせて読みたい→視聴者が「不快に思う芸能人」を調査!意外な名前も…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代のテレビを観る男女1,117名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング