切なすぎた「きれいな百合回」の『刑事ゆがみ』凝った演出に驚愕の声も

しらべぇ / 2017年11月3日 11時30分

写真

切なすぎた「きれいな百合回」の『刑事ゆがみ』凝った演出に驚愕の声も

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

浅野忠信演じる刑事・弓神適当と、神木隆之介演じる若手刑事・羽生虎夫。二人の回を追うごとに磨きがかかるバディぶりが、魅力を増している『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

2日、高梨臨、池端レイナ、飯豊まりえらがゲスト出演し、第4話が放送された。

■正当防衛か? 計画的殺人か?

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

完成間近のデザイナーズビルで、ビルの設計も手がけた建築士の大山昇(姜暢雄)が転落死し、うきよ署強行犯係の弓神(浅野忠信)、羽生(神木隆之介)らが捜査。

現場にいた警備員(前野朋哉)によると、外階段で人が争う声が聞こえたため確認に行くと、そこに高遠建設の社員・堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)がいて、階段下にはすでに大山が倒れていたという。

祥子と玲奈は同期であり、玲奈は高遠建設の社長令嬢で、大山の婚約者。菅能(稲森いずみ)たちが祥子と玲奈からそれぞれ事情を聞くと、二人の話は警備員の証言とも一致する。

祥子は、大山が玲奈と付き合う前に、一晩だけ関係を持ち、それ以来大山のストーカー行為に苦しんでいた。相談しても信じない玲奈に、祥子はホテルでの写真を見せてストーカー行為を止めさせようとしたところ、大山と外階段の踊り場で言い争いになり、振り払った際にバランスを崩して転落させたらしい。

祥子は正当防衛を主張するが、弓神は「現段階では判断できない」と難色を示す。すると祥子は、「以前、大山のストーカーを警察に相談したのに、その時の交番の警官にまともに取り合ってもらえなかった」と抗議。そのとき応対をしたのは、交番勤務時代の羽生だった。

しかし、改めて関係者の周囲を調べてみると、大山のストーカー行為は、祥子に相談されたという後輩・飯杉真澄(飯豊まりえ)を発信源とした、噂の域を出ないことが明らかになる。

やがて弓神は、ホテルでの写真がつい最近撮影されたものであることを知り、祥子がはめていた高価な指輪、ハッカー・ヒズミ(山本美月)の協力から、祥子の玲奈の「秘密」に辿り着く。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

羽生が祥子を、弓神が玲奈をそれぞれ呼び出し、今回の大山の死は玲奈のつらい状況を解決するため、二人で仕組んだ周到な計画殺人であることを自白させる。

じつは、祥子と玲奈は強い気持ちで結ばれており、玲奈の父親のパワハラ毒親ぶりや玲奈を心身ともに傷つける大山の行動を食い止めるために、計画を実行した――という、またも切ない展開だった。

■今回は「戦隊ヒーロー祭」

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

ゲスト出演者の属性から、第1話は元「子役祭」、第2話は「イケメン祭」、第3話は「刑事ドラマ祭」ともいえる流れで来ていたものの、さすがにそろそろ「祭」なしなのでは…と思っていたのだが、そんなことはなかった。

来週の「刑事ゆがみ」に高梨臨さん(シンケンピンク)&姜暢雄さん(クワガライジャー)&飯豊まりえさん(キョウリュウバイオレット)が出演\(^o^)/ ストーカー被害者がシンケンピンクでストーカーがクワガライジャーか…(^。^;) #刑事ゆがみ

— ピクシス (@PyxisSaint) October 27, 2017

今週の刑事ゆがみはゲストにシンケンピンク、キョウリュウバイオレット、クワガライジャー、レギュラーのマジレッドを含めると戦隊祭りやなぁ。#刑事ゆがみ#マジレンジャー#シンケンジャー#ハリケンジャー#キョウリュウジャー

— Fourth Kind. (@fkmc_kns) November 1, 2017

レギュラー出演者で、弓神や羽生の同僚刑事である町尾守役・橋本淳が、「魔法戦隊マジレンジャー」の小津魁(マジレッド)役。

菅能ねえさんの昨日のブログの
「誰かの✌🏻」←この“ 誰か ” は町尾刑事だったんですね☺️✨✨✨
https://t.co/obYcGlj2pv

— 【公式】刑事ゆがみ (@keiji_yugami) October 26, 2017

また、本格的な戦隊ものと毛色が違うためにカウントされていないが、ヒズミ役の山本美月は福田雄一監督の特撮コメディー映画『女子―ズ』で、紺野すみれ(女子・ネイビー)役だった。ちなみに、お嬢様キャラだったため、ほとんど戦っていないけど。

キャスティングの豪華さには定評のあるフジテレビとはいえ、毎週こんなに凝ったゲストの選び方をするなんて、尋常じゃない。

そして、第2話で贅沢な「斎藤工の無駄遣い」が大いに盛り上がったが、今週は、警備員役の前野朋哉、後輩OL役の飯豊まりえ、被害者役の姜暢雄が「贅沢」認定されたもよう。

一寸法師、職業 警備員#刑事ゆがみ

— ふいゆ (@r_dorama) November 2, 2017

前野くんの無駄遣い #刑事ゆがみ

— ひよ (@hiyo623) November 2, 2017

人間の本質が秘められた悲しい真実を優しい視線で見つめていていつも泣けてしまうし、神木きゅんと浅野さんが実は純粋で繊細なのとは対照的に稲森いずみと山本美月が頼もしく最強でやはり今期イチオシ🌟 #刑事ゆがみ 今回は姜暢雄と飯豊まりえが下着コレクター斎藤工的な扱いを受けていたかも^^;

— ma-mi (@mayutsuyo) November 2, 2017

(承前)『#刑事ゆがみ』のゲスト俳優のあてはめ方の分かってる感は、今回の噂好きなOL飯豊まりえちゃんもいかにもだったし、前々回の斎藤工くんの下着ドロなんて、彼のキャリアの中でいちばんのハマり役だったぜ。スピンオフ観たいくらいだ(笑)

— しみず さるひこ(幼名 猿千代) (@bub_shimizu) November 2, 2017

しかし、制作陣が仕込んでいるのは、相変わらずキャスティングだけじゃないのだ。

■細かい演出に驚きも

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

祥子の部屋で弓神と羽生が話を聞くシーンでは、絶妙な場所に鏡があり、並んだ二人の横に置かれた鏡に祥子の表情や態度が映る。

会話をほとんどカット割りせずに見せる撮り方に、伏線的な要素も加わっており、その演出の細やかさに唸る人たちも。

鏡に堤さんが写ってて表情がわかる。面白い演出だなあ #刑事ゆがみ

— まーぼー(実況用) (@mabo1113) November 2, 2017

鏡の使い方が秀逸 #刑事ゆがみ

— さいとう (@Tietwoyan) November 2, 2017

そっか鏡!鏡で見ると左手に指輪してるように見える!!そういうことか!#刑事ゆがみ

— chie* (@reinehimeko) November 2, 2017

また、冒頭、中盤、終盤と3回、弓神と羽生が定食屋のカウンターで食事をするシーンがあるのだが、その背景に細かすぎるネタ仕込みが…。

最初、「あ~ん」と食べさせてあげるなど、ラブラブなカップルがいる。普通に観ていたら、気づかないくらい溶け込んでいるキャストだ。

それが中盤はケンカし、

後ろのカップル喧嘩してない? #刑事ゆがみ

— 蒼兎 (@manea31) November 2, 2017

後ろの喧嘩してるっぽいカップル気になるw #刑事ゆがみ

— くるみ@11/4 ニコメン☆両部参戦🎂 (@snowdrop_xyz) November 2, 2017

そして終盤には、

最初の方喧嘩してたカップル仲直りしてる!!
最初、意味ありげにずっと喧嘩してたから事件に関係あるのだと思ってたけど、ちょっとした伏線だった
#刑事ゆがみ

— にか (@ym_chan59) November 2, 2017

仲直りしてる…。

後ろの小芝居wエキストラ指導が徹底してるな〜 #刑事ゆがみ

— アカリ (@rihara_rih1) November 2, 2017

これをやるのもすごいが、観ていて気づくのは、かなり楽しいポイント。ここまでやる演出の念の入れように、驚く人も少なくなかったようだ。

そして、定番ネタになりつつある羽生の裏キャラによる、弓神からの愛称シリーズも更新。

童貞くん、AVくん、腹黒くん、しくじりくん←New #刑事ゆがみ

— まり*`・З・´* (@mrrng16) November 2, 2017

ゆがみさんによる虎夫ちゃんの愛称一覧
童貞くん
AVくん
腹黒くん
しくじりくん
#刑事ゆがみ

— ユズ (@lastyuzu) November 2, 2017

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

しかも、ヒズミがラブホテルに籠り、こんな表情で構えているから、事件の真相を掴むための張り込みかと思ったら…まさかの「羽生の痛キャラ」証拠集め!

わざわざラブホ入ってまで、神木きゅんの恥ずかしい写真撮るのかよおw#刑事ゆがみ

— まゅげ@東京旅余韻&マンウィズ待機! (@mofu_mayu) November 2, 2017

ラブホにいたの捜査じゃなかったのかよwwww 定食代より嫌がらせ代の方が金かかってるだろwwwww #刑事ゆがみ

— ハルキ (@haru_takagi) November 2, 2017

おっぱいパブに入ろうかどうしようか迷う神木君をありがとうございます😇 #刑事ゆがみ

— やちこ (@yachikonbu) November 2, 2017

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

羽生がこんなにがんばって、弓神・ヒズミの裏バディ組がラブホテルに入る写真を押さえても、全然太刀打ちできないはずである。

■「きれいな百合回」に高評価

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』)

多くの人の思惑が入り乱れ、一筋縄ではいかない展開になるほど、弓神の洞察力や推理の魅力が増す本作。

今回も、祥子と玲奈が犯行に至った背景を丁寧に描いた様子だけでなく、はっきり「同性愛」といったワードが出てこない、脚本の底力も含めて高く評価する声が多かった。

キレイな百合を見た。殺人はダメだけどな。 #刑事ゆがみ

— のーす (@buttaix2) November 2, 2017

まさかの百合展開…でも爽やかだった。
殺しはいけないことだけど……#刑事ゆがみ

— 二階堂ろびん【阿蘭すみ紫】 (@robin_nikaidoo) November 2, 2017

色んな愛の形が、表面化してきたのって最近だもんね。
まだまだ好奇の目に晒されることもある関係。
ドラマに取り入れるの良いことだと思う。(殺人はダメだけどさ)
ふざけてるようで、真面目なドラマ!#刑事ゆがみ

— いちこ (@twinkle15meguru) November 2, 2017

そして素晴らしいのが、女性同士の恋愛という関連用語を出さず「恋愛」としてのみ話したこと。 #刑事ゆがみ

— 宮谷 行美(ぴくみん) (@PIKUMIN_0502) November 2, 2017

ドラマが中盤に入った今、弓神と羽生のバディとしての関係に磨きがかかっている点に加え、改めて弓神のキャラクターや推理の魅力を感じている人も多い。

日頃は弓神さんにすげえおちょくられてるんだけど、現場での再現を率先して行おうとしたり、捜査になるとすっかり弓神イズムになってる羽生くんににまにましちゃう(笑) #刑事ゆがみ

— さつき(ドラマ感想) (@satsuki_h_0129) November 2, 2017

#刑事ゆがみ 面白い。ユガミは、ズバズバ言う人のようにみえて、繊細な部分はきちんと扱う。素敵なオトナだ。

— ゆきうさぎ (@yuki_usako) November 2, 2017

辛いな
毎回切ないんだよな
でも面白い
#刑事ゆがみ

— aa (@akicountry) November 2, 2017

犯人はなぜ罪を犯したのか
それをゆっくり解いていく
今日の闇は深く 弓神の言葉が優しかった

毎週 観たあとの余韻が残るドラマ
浅野さんと神木くんのコンビもほんと好き

#刑事ゆがみ

— ぱる (@BlueAugust0811) November 2, 2017

そして次回は、いよいよヒズミの過去が明らかになるだけでなく、原作で人気の高い「ロイコ事件」がベースになるという。

ドラマとしての『刑事ゆがみ』ファン、山本美月がかわいすぎるヒズミのファン、さらには原作ファンにも、必見の回になることは間違いなさそうだ。

《これまでに配信した『刑事ゆがみ』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→『刑事ゆがみ』初代・寺脇康文に空目続出 リアル神木家「家訓」の粋も

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング