アラブのJKが接客!? ドバイの寿司店『manga sushi』が面白すぎる

しらべぇ / 2017年12月16日 16時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

日本では秋葉原に行くと、メイドが接客をしてくれる『メイドカフェ』が山ほどある。だが、中東の富豪の国・ドバイでは、アラブのJK(?)が接客してくれる、面白い寿司店が存在する。

■manga sushi

(©ニュースサイトしらべぇ)

その寿司店『manga  sushi』があるのは、高級リゾートホテルが立ち並ぶジュメイラビーチと、世界最大のショッピングモール・ドバイモールの中にある。

日本で言えば銀座にあるような物凄い立地なのに、JKコスチュームの黒人女性が店の前を通る人たちを呼んでいたのは、かなり衝撃的な光景。

■店内は非常にオシャレ

(©ニュースサイトしらべぇ)

店内はオシャレなカフェといった感じで、富豪の国なだけあり高級感もなかなかのもの。店のスクリーンではドラえもんが放送されていた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

カウンターでは寿司を作る板前のお兄さんが。ロール寿司が美味しいらしいので、メニューを見てみると…

■ドラゴンボールに永井豪寿司!

(©ニュースサイトしらべぇ)

す、すげー! ドラゴンボールにクレイジーNARUTO、それにデビルマンで有名な永井豪先生の名を冠した寿司まで盛りだくさん!

(©ニュースサイトしらべぇ)

ノンアルコールのカクテルもカミカゼやヒロシマなど日本語っぽいものから、ONE PIECEのルフィにデスノートのキラまである。オーナーはかなり日本のアニメや漫画が好きなようだ。

■ロール寿司を2品注文

(©ニュースサイトしらべぇ)

ほかにもキューティハニーやゴジラなどがあり迷ったが、今回は『ドラゴンボール』と『永井豪』の2品を注文。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ドラゴンボール寿司はタレのかかったウナギが外側に巻かれており、その中に酢飯やアボカド、カニカマが入っている。それぞれ異なる食感の具材を、甘めのタレがひとまとめにしておりなかなか美味。

(©ニュースサイトしらべぇ)

永井豪寿司の具材はクリームチーズとアスパラ、スモークサーモン。コレがなぜ永井豪先生の名を冠した寿司なのかは不明だが、こちらも異なる食感の具材を絶妙に掛け合わせた逸品だ。

■接客はJKコスのドバイ女子

(©ニュースサイトしらべぇ)

また、肌や髪を出しているため確実にイスラム教徒ではないと思うが、接客をドバイ在住のJKコス女子がしてくれるのもかなり楽しい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

意外にアジア人でなくても、セーラー服が似合う。この黒人女性の笑顔が、個人的にMVPである。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみにセーラー服以外にもブレザーまである。きっとここのオーナーは、日本と漫画が大好きなアラブの富豪なのだろう。

■お会計はデスノートで

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみにお会計の伝票はデスノートで来るが、クレジットカードで会計するときにサインをしても、自分が死ぬことはないので安心しよう。

だが、お会計は日本人の感覚で言うと死ぬほど高いので、デスノートで死ななくても頼み過ぎるとお会計で死ぬかもしれないのでご注意を。まあアラブのJKを見ながら死ぬのも、悪くないか…。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング