今夜放送の『R-1ぐらんぷり2018』 各ブロックで注目の芸人たちを紹介

しらべぇ / 2018年3月6日 5時30分

写真

(『R-1ぐらんぷり』決勝進出者発表会見より)

「ひとり芸No.1」の頂点を決める『R-1ぐらんぷり2018』が6日夜7:00から放送される。

過去最多の3,795名のエントリーの中から、並み居る強豪を倒して勝ち上がった10名を紹介するとともに、各ブロックでしらべぇ編集部が注目する芸人を紹介しよう。

■「裸芸人に弱い」ジンクスを打ち破れるか

Aブロックでは3年連続出場の実力派から、事務所に所属していないフリーまで幅広い芸人が勢揃い。

3年連続で決勝舞台に登場するルシファー吉岡。下ネタ、歌ネタ、コント、一発芸など、多彩な芸をこなし、安定感のある笑いが魅力だ。

カニササレアヤコは、出場芸人の中で唯一、芸能事務所に所属していないフリーとして出場するが、かつては、ワタナベエンターテインメントで「なまちゃん」の芸名で活動していた。はたして、ダークホースとして活躍できるか。

自身の薄毛を生かしたハゲネタと、自虐的なツッコミが人気のおぐ。ルシファー吉岡と同じく「ハゲかぶり」でお互いにライバル意識があるようだが、どちらに軍配が上がるかも見もの。

なお、Aブロックで編集部が注目したのは、おいでやす小田。ルシファー吉岡同様、決勝に3年連続出場し、しゃべり、フリップ芸とキャラに頼らない芸風から、評判も高い。しかし、これまでハリウッドザコシショウ、アキラ100%と「裸芸人」に惜しくも敗れてきた不運な一面も。今年は、裸芸人がブロックにいないため、本来の実力を発揮することができるだろうか。

■『THE W』と『R-1』の2冠なるか

Bブロックには、敗者復活を勝ち上がった1名が加わる。

23歳という若さで最年少ファイナリストとなった、河邑ミク。女性あるあるネタを得意とするが、男性の心もくすぐるかわいらしさもウリだ。決勝でも、客と審査員の心を掴むことができるか。

普段は、チョコレートプラネットでコンビとして活躍している長田庄平。謎めいた世界観と、それでいてリアリティも感じられるコントの評判はすこぶる高い。コンビでの印象が強いが、ピンでの実力を証明してほしい。

Bブロックで編集部が注目したのは、ゆりやんレトリィバァ。昨年10月放送の『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝した実力者だ。しかし、一方で暴走しすぎるクセもあるため、決勝の舞台で悪ノリを抑えることが課題となるかも。

■バリアフリー漫談で天下を目指す

Cブロックも敗者復活から1名加わるが、バラエティに富んだ面々が集結。

「エロなぞかけ」でプチブレイクした紺野ぶるま。その他にも、女性のドス黒い悪意をポップに仕上げたネタを得意としているが、女性からの反感を買わず味方につけることができるか。

普段は、霜降り明星でコンビとして活躍の粗品。唐突なボケが展開していく、高速フリップ芸を得意としている。相方のせいやも敗者復活戦に残っているが、まさかのコンビで1位を奪い合うことになるのだろうか。

Cブロックで編集部が注目したのは濱田祐太郎。全盲に近い弱視である自身のハンデを生かした自虐風漫談は、明るい口調と小気味よい関西弁が相まってユーモアに昇華しているため、聞き手も安心して笑うことができる。誰でも笑える「バリアフリー漫談」で天下を目指す。

■実力者揃いの敗者復活戦

決勝出場の10名の他に、敗者復活を勝ち上がった2名が、それぞれBブロックとCブロックに進出して戦うことになる。惜しくも敗れてしまった彼らだが、実力者が勢揃い。

これまでも決勝戦に出場経験のある土肥ポン太や、マツモトクラブ、ナオユキ、ヒューマン中村、中山女子短期大学など厳しい面々が残っている。また、『THE W』でゆりやんレトリィバァに敗れた牧野ステテコも。さらに、レイザーラモンはHGとRGがともに敗者復活戦に挑む。

また、敗者復活戦は午後2:00からLINE LIVEやカンテレYouTubeチャンネルでも生中継されるため、必見だ。

バラエティ豊かな強豪揃いのメンツの中から「ひとり芸No.1」に輝くのは、はたしてどの芸人だろうか。


(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング