すばる脱退で『関ジャム』放送に涙続出 Lisaの歌詞に気持ち重ねるファンも

しらべぇ / 2018年4月16日 14時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

『FRIDAY』で人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の渋谷すばる(36)がグループを脱退する可能性が報じられたことを受け、15日に緊急会見が開かれた。

その席で渋谷は「音楽を学ぶため海外に留学する」とグループからの脱退と、今年の大みそかをもってジャニーズ事務所から退所することを発表。

そしてその日の夜、関ジャニが出演する音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)が放送。ファンから沈痛な声が漏れている。

■現在の体制は夏まで

毎週さまざまなジャンルの音楽家・音楽関係者たちが出演し、制作の舞台裏やクリエイターならではの知見・分析を披露するこの番組。

この日の放送では「観て楽しい&裏側はもっとスゴイMV(ミュージックビデオ)の世界」と題し、MV監督として著名な児玉裕一、関和亮の両氏と、PVあるあるを歌った『MUSIC VIDEO』で大ブレイクした岡崎体育をゲストに招き、トークを行なった。

しかし、番組の冒頭では会見の様子が放送。夏まで現在の体制で放送されることが明かされるなど、異例の始まりとなった。

■「あと何回君と笑えるの?」

番組ラストで関ジャニメンバーとゲストのミュージシャンが、本気のセッションを行なうことも魅力のこの番組。セッション相手はこの日のゲストで唯一演者側である岡崎体育…と思いきや、多くのアニメタイアップソングを歌っていることで知られるLiSAに。

彼女が歌唱したのは『Catch the Moment』。『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌として知られる曲だが、その歌詞には「あと何回君と笑えるの?」という意味深なフレーズが。

この歌詞が登場した際は、思わず自分の気持ちを思わず重ねてしまうファンもいたようで、ツイッター上でも多くの反応が見られる。

関ジャム見ながら歌詞で
あと何回キミと笑えるの?
って部分が写ったとき
すばるってなってめちゃ泣きそうなった

— あ – ち ゃ ん (@1x2x6) April 15, 2018

バイト先の店内音楽でCatch the Momentが流れてるんだけど、すばるくんもこれ歌ったんだなあって思ったら、歌詞が刺さりすぎて吐きそうなほど泣いてしまった。

『叶えても叶えても終わらない願い』

『あと何回キミと笑えるの?』

まだ昨日の関ジャム見てないから、帰ったら心して見なくては……

— ちゃぽ (@chaposke) April 16, 2018

楽しみにしてた 関ジャム 見るの辛いな…

— ひとすば∞ 関ジャニ∞を渋谷すばるをもっとずっと… (@hitomin8red) April 15, 2018

■関ジャムが刺激に?

また、多くの著名アーティストの話を聞き、スキルを見て、貴重すぎるセッションを行なうこの番組に、渋谷がひとりのアーティスト、ボーカリストとして影響を受けたのではと推測する声も。

きっとすばるは関ジャムでいろんなアーティストの方と共演して影響を受けたのもあるんだろうな。なんかの回で、独学だったから音楽の学校行ってなかった的なこと言ってたもんね。一から勉強してアーティスト渋谷すばるとしてやりたかったんだろうなと。
とっても寂しいしとっても辛いし悲しいし

— nozomi (@___pink_08) April 15, 2018

「音楽の学校に行って学んでみたい」という言葉を聞いた時、関ジャムで音大特集してた時のすばるくんの姿思い出した。わたし、記憶力悪いんですけど、あの回ですばるくんがめちゃくちゃ興味深そうに聞いていたのは何故か覚えていて、あぁそういうとこからも刺激も受けてたのかなぁと

— つつみ (@sbtnnn) April 16, 2018

関ジャニってまだまだ若いお兄ちゃんのグループかと思っていたら、TMN終了時の哲ちゃんと同じ年齢なのね、そこそこの大人だったのね。関ジャムなどで刺激を受けて音楽を追求したくなったのかな?

— ちょくこ™ (@tyokuko) April 15, 2018

■アーティスト・渋谷すばるの成長に期待

ファン以外からは「アイドルなのにアーティスト志望?」など、冷たい反応も出ている今回の報道。しかし、彼の歌声や音楽に対する真摯な姿勢、『関ジャム』での姿などを観ていた人には、彼には大きな魅力と可能性があることがわかるだろう。

今回の発表はたしかにファンを悲しませることになったが、今後それ以上に大きな喜びを与えてくれることを期待し、彼の決断を応援したい。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング