東出ハマり役『コンフィデンスマン』今夜も「ボクちゃんかわいい」確実か

しらべぇ / 2018年5月7日 6時30分

写真

(画像提供:(C)フジテレビ<a href="http://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/index.html">『コンフィデンスマンJP』</a>)

壮大な仕掛けで、ターゲットから大金を巻き上げる痛快さが人気の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。今夜9時より、第5話が放送される。

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)のメインキャラクターに加え、第2話から登場した五十嵐(小手伸也)、そして毎回のゲストも魅力的な同作。

そんなキャストの中から、毎話「かわいい」と連呼されているボクちゃんを軸に、これまでのストーリーを振り返ってみた。

■振り回されキャラ

東出昌大(©ニュースサイトしらべぇ)

基本設定として公式サイトのイントロダクションから、ボクちゃんのキャラクター説明の部分を見てみよう。

小心者でいつもダー子に振り回されてばかり。だますことも得意ですが、お人よしゆえにだまされることも多く、早く詐欺稼業から足を洗い、地道にまっとうに生きていきたいと心の底から願っているものの、結局いつもダー子に丸め込まれてしまう――そんなちょっと頼りないコンフィデンスマン(信用詐欺師)・ボクちゃんを演じるのは東出昌大さんです。

詳しくは各話で触れるが、騙しているつもりで、自分も騙されているパターンがあるボクちゃん。そのために危ない目に遭ったり、残念なことになったり…。

わかっているはずなのに、あっさり騙される“チョロさ”など「不憫で、かわいい」となる人が多いのだ。

■視聴者の声を代弁するボクちゃんの叫び 東出昌大

(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』)

第1話でターゲットとなったのは、表の顔は文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に勤しむ名士だが、実際は経済ヤクザとして暗躍し、日本のゴッドファーザーとも呼ばれる男、公益財団『あかぼし』の会長・赤星栄介(江口洋介)。

ボクちゃん抜きで進められた計画の途中、正体がバレたリチャードが瀕死の重傷を負わされたと聞き、仇を討つと決心するが――そもそも、それ自体がボクちゃんを計画に引き入れるために、ダー子とリチャードが仕組んだもの。

赤星を騙すため航空会社の社長の息子に扮したボクちゃんは、運び屋としてのテストを受け、入国先の警察に拘束される。そこで口を割らずに赤星の信頼を得たボクちゃんは、騙しに行ったはずなのに、赤星に対して「男が男に惚れる」状態になるなど、チョロさ全開だった。

あやうく赤星をすきになりかけるボクちゃんかわいい #コンフィデンスマンJP

— ぴるくる (@pirukuru01c) April 9, 2018

ボクちゃんチョロくてかわいい〜〜〜〜〜〜〜〜 #コンフィデンスマンJP

— もりそば🎻🦉🍩 (@morisoba4u) April 9, 2018

騙されながら騙すボクちゃんかわいいの極み #コンフィデンスマンJP

— ㅤ🌷 (@_05an) April 9, 2018

悔しくて足バタバタさせるボクちゃん・・・かわいいww #fujitv #コンフィデンスマンJP

— 瀬戸のリヴィエラ@実況担当 (@RiV2080_HmisT79) April 9, 2018

大掛かりなトラップについて、「どこまでが本当で、どこからが嘘か教えろ!!」と叫んだボクちゃんのセリフは、視聴者の気持ちを代弁していて、大きな共感を集めた。

■ダー子の術中にハマりすぎ 小日向文世,東出昌大

(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』)

第2話オープニングでロシアンマフィアを釣り上げかけた際、思わぬ邪魔が入って失敗した3人。

サッサと逃げたダー子とリチャードに対して、逃げ遅れたボクちゃんは拗ねるが「失敗した時に大事なことは?」と問われ、「助け合わない」と仕込まれてきたことを答える。

(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』)

そんな稼業から足を洗い、真っ当な人間になると職探しをしたボクちゃんは、ひなびた温泉町にある老舗旅館『すずや』にたどり着くが、桜田しず子社長(吉瀬美智子)率いる大手ホテルチェーン・桜田リゾートのせいで、経営不振が続いていた。

追い詰められたすずやの女将・操(本仮屋ユイカ)は、旅館を桜田リゾートに売却することを決意。しかし、しず子は査定額を0円にしたほか、さまざまな条件を反故にしようとするなど、怒ったボクちゃんはすずやを救うため、ダー子たちに協力を依頼する――が、すずやにたどり着くように仕向けたところから、ダー子の計画のうちだった。

しかも、情に流されやすいボクちゃんが“やらかす”と睨んだダー子は、五十嵐のみならず島の所有者である小松武雄役まで仕込んでいたという、二重三重のトラップも。

どうあがいてもダー子の手のひらで転がされちゃってるボクちゃんがかわいい#コンフィデンスマンJP

— あかつき (@hobbynnn) April 16, 2018

ボクちゃんが口に銃つっこまれてるとこ正直ちょっと興奮してしまいましたわ いやーこりゃかわいいよ仕方ない #コンフィデンスマンJP

— ☯️きの (@syt009) April 16, 2018

ダー子たちに騙されるボクちゃんを愛でるドラマ。

#コンフィデンスマンJP

— さやまる (@caramel_0624) April 16, 2018

ボクちゃんの不憫さを愛でるドラマなのだな。#コンフィデンスマンJP

— ユタ (@yy2150ss51) April 16, 2018

さらに操には、まんまと振られるし、共に働いていたタミちゃんたちにも、すっかり忘れ去られる不憫さもたまらなかった。

■ピロービジネスな女子大生に 長澤まさみ,東出昌大

(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』)

第3話は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合ったボクちゃん。ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)に弄ばれ、自殺未遂に追い詰められたと知り、城ケ崎から金を奪おうと決意する。

城ケ崎は確かな鑑定眼を持ち、美術品を鑑定する冠番組まで持つ美術界の著名人だが、本性は女癖が悪い上に、美術品の真贋を偽って買い叩き、密かに売却して大儲けしている、欲と金まみれの男だった。

ダー子は中国人バイヤー・王秀馥に扮し、城ケ崎に接近。並行して旧知の贋作画家・伴友則(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”を制作。ボクちゃんは地方の古美術商・沼田として、伴の作品を城ケ崎の元へ持ち込むが、城ケ崎には通用しない。そこで“まだ世に知られていない天才画家・山本巌”を捏造し、まんまと城ケ崎を騙すことに成功。

ユキの仇を討ったボクちゃんだったが、ダー子の「ピロービジネス」予言が的中して、結局ユキに失恋してしまう。

「彼女は純粋に愛してたんだ、弄ばれたんだよ」
ボクちゃん…そんなだからボクちゃん…今週もボクちゃん絶好調!
やっぱりこのドラマは可愛くてかわいそうなボクちゃんを愛でる作品だなw#コンフィデンスマンJP

— あぐら (@rakuda_waraouze) April 23, 2018

勉強の邪魔しないでね〜ってたしなめられるボクちゃんにしかわいい #コンフィデンスマンJP

— みねお☼ (@e_xrii) April 23, 2018

今日もボクちゃんが残念すぎてかわいい
チョロすぎだろ笑
#コンフィデンスマンJP #3話

— amm (@aammfrs) April 26, 2018

ボクちゃんチョロかわいいの極み #コンフィデンスマンJP

— 百地 (@Momochi_ao) April 23, 2018

ダー子に騙されなくても、不憫なことになってしまうボクちゃんなのだった。

■まさかの「そっち!?」で… 東出昌大,小日向文世

(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』)

第4話のターゲットは、ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」を販売する食品メーカーの俵屋フーズ社長・俵屋勤(佐野史郎)。同社で工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、産地偽装を告発しようとしていたと偶然知ったダー子は、熱狂的な映画ファンであることを利用する。

新人映画監督に扮したボクちゃんと、映画プロデューサー役のリチャードが巧みに俵屋に近づき、新作時代劇映画への出資を持ちかけるが、俵屋はなかなか話に乗ってこない。あの手この手で、ようやく俵屋から出資の確約を引き出すが、映画マニアの俵屋は出資者として、映画作りに盛大に口を出し始め、大変な展開に。

ダー子が扮した中国人女優のマギー・リンに、惚れこんだ様子の俵屋。しかし、ホテルで迫った相手はマギーではなく、ボクちゃん扮する新人監督・岡本だった。

狙われるボクちゃんかわいい

#コンフィデンスマンJP

— しろくま (@xnyam73x) April 30, 2018

ボクちゃん?
そっちーーーーっ?(笑)

結局、ボクちゃんはこうなる運命なのね
#コンフィデンスマンJP

— ジジ (@monazizi) April 30, 2018

ホテルで佐野さんに迫られ、ダー子様に部屋から出してもらえない東出の「あぁっ…!いやっ……!あぁぁん……」が最高だった#コンフィデンスマンjp

— サクヒト (@saqhito_black) April 30, 2018

今週も面白かった!今回もやっぱりかわいそうでかわいいボクちゃん。あの後どうなったのかが気になるわー。#コンフィデンスマンJP

— ゆき (@snow_rabbit_517) April 30, 2018

壮大すぎる仕掛けで赤字になるオチはあったが、宮下の告発出演で俵屋の悪行が表沙汰となり、ボクちゃんのがんばりは無駄にはならなかった。

■騙されるボクちゃんの希少性

詐欺師役でありながら騙されやすいボクちゃんだが、世の中に「騙されやすい」と感じている人は、どれくらいいるのか?

しらべぇ編集部が、全国の20~60代の男女1,361名を対象に「騙されやすい」という人の割合を調査したところ、27.2%が「自分は騙されやすい」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

全般に男性より女性のほうが多いことも考え合わせると、ここまで騙されまくるボクちゃんは、かなりの少数派のもよう。しかし、その希少性も含めて、みんなから見た「かわいい」度がアップしているのかも。

いやぁ、騙されるボクちゃんが可愛すぎてトリコだよ。来週も騙されちゃうんだろうなーーー🤣🤣🤣
#コンフィデンスマンJP

— こるてお (@corteo63) April 16, 2018

騙される人は可愛いのよ、みたいなこと言ってたよね、ダー子ちゃん。ボクちゃん可愛いって言ってるんだよね? #コンフィデンスマンJP

— なつ (@Natsu_6186) May 1, 2018

ボクちゃん、いい子だよね…すぐ騙されるってことは素直の証拠だし…自分が持ちかけた詐欺なのに、ターゲットに絆されちゃったのは正直「おい、馬鹿なのか」と思ったけど… #コンフィデンスマンJP あの素直さ優しさが活かされるといいな。

— ぬえ (@yosinotennin) April 16, 2018

そして今夜の第5話「スーパードクター編」のビジュアルをチェックしてみると…

東出昌大

(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』)

すでに困っていそうなボクちゃんの表情に、「かわいい」確実な予感しかない。

しかも、かたせ梨乃が演じる野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシーをターゲットに、潜入するボクちゃんの雰囲気が、第1話の序盤のホスト役・心人(ハート)にちょっとだけ通ずるフレーバーがあるのにも期待感が…。

今夜、ボクちゃんのかわいさと合わせて、ダー子がどんな風に騙してくれるのか楽しみだ。

第5話予告です🌹💸✨

次週のオサカナは、#かたせ梨乃 さん演じる大病院の理事長 野々宮ナンシー!! あの手この手でがっぽり大金頂いちゃいましょう✨#スーパードクター編#医療ドラマにハズレなし#コンフィデンスマンJP #長澤まさみ #東出昌大 #小日向文世 #次週7日放送 pic.twitter.com/mvyxh6k9Dp

— 【公式】月9『コンフィデンスマンJP』第5話5月7日放送! (@confidencemanJP) May 1, 2018

《これまでに配信した『コンフィデンスマンJP』関連記事一覧はこちら》


(文/しらべぇ編集部・くはたみほ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日

対象:全国20代~60代の男女1361名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング