『ガリガリ君リッチ』新作は「チョコミント」 清涼感がたまらない

しらべぇ / 2018年5月15日 18時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

15日に赤城乳業から『ガリガリ君リッチ チョコミント』(130円・税別)が全国で発売された。

以前から、「レアチーズ」「温泉まんじゅう」「黒みつきなこもち」など、バラエティに富んだフレーバーで話題の『ガリガリ君リッチ』シリーズ。

チョコミント味のアイスはここ最近よく見かけるようになったが、ガリガリ君では意外にも初登場。発売前から話題になっていた商品をしらべぇ取材班がさっそく実食した。

■チョコミント感満載のデザイン

『ガリガリ君リッチ チョコミント』は、ミント味のアイスキャンディーの中に、チョコチップ入りのミントかき氷が入ったアイス。ペパーミントエキスを使用したミントの清涼感と、かき氷の中に混合されたチョコチップとの風味・食感の組み合わせが楽しめるそう。

パッケージはチョコミントがイメージされたカラーデザインになっていて、ガリガリ君の豊かな表情が楽しい。1本分のカロリーは130kcalとなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

袋から開けて取り出すと、見ているだけで涼しくなりそうな爽やかな青色のアイスが。高さ8センチ、横5センチのどっしりしたサイズだが、これだけを見ると定番のソーダ味っぽい。


だが、ナイフで切って断面を確認してみると、アイスキャンディーの中にミント色のかき氷とチョコチップがたっぷり詰まっていた!

■気になる味は?

実際に食べてみると、外側のアイスキャンディーは歯触りが柔らかめで、しっかりとミントのコクや味が強く、甘さもあって、シャリシャリしたかき氷の食感とのギャップが楽しい。アイスとかき氷の冷たさで、ミントの爽快感がよりダイレクトに口の中に広がってヒンヤリ。

また、チョコチップは粗くクラッシュされていて、いろんな大きさのチョコが楽しめるほか、アイスの上から下までしっかりチョコがあるので、最後までチョコミントとして美味しく食べることができるのも嬉しい。

チョコもミントも、どちらも負けることなく主張し合っていて、ちょうどよく調和している。チョコミントが大好きな「チョコミン党」にはもちろん、ちょっと試してみたい人にもオススメできる美味しさだ。


(文/しらべぇ編集部・からし こうめ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング