飲むだけじゃない 『ストロングゼロ』を使いステーキを焼くと超やわらかで臭みもとれて最強

しらべぇ / 2018年7月5日 11時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

アルコール強めで飲み応えバツグンの、ストロング系チューハイがいま大ブレイクしている。

ストロングチューハイだけでなく各社ストロングビールなど、高アルコール系の商品を多数発売しているが、やはりもっとも知名度が高いのは、サントリーの『ストロングゼロ』だろう。

■飲むだけではないストロングゼロ

ストロングゼロはさまざまなフレーバーが10種類以上あり、どれも甘さ控えめで美味しいため、定期的に飲んでいる人も多いと思う。

だが、ストロングゼロの使い方は飲むだけではないことを、ストロングゼロマニアならきっと知っているはずだ。

■ストロングゼロの意外な使い方

(©ニュースサイトしらべぇ)

その使い方とは、なんと「ステーキ肉をやわらかくする」のに使う方法。使うストロングゼロは、甘さのないドライがおススメ。

肉をやわらかくする方法としては玉ねぎのすりおろしに漬けたり叩いたりといろいろな方法があるが、ストロングゼロを使うのがコスパもよくもっとも美味しく仕上がることを保証しよう。

■ストロングゼロ漬けステーキ

(©ニュースサイトしらべぇ)

手順としては、ステーキ肉をジップロックなどに入れて、ストロングゼロを注いで冷蔵庫に保管し、30分ぐらい待てばいいだけ。

飲まない人はまるごと1缶注いでもいいし、注ぐのは半分だけにして、あとは飲んでしまってもいいだろう。

■見るだけではっきりわかるやわらかさ

(©ニュースサイトしらべぇ)

30分後に出したステーキ肉がこちら。表面が白っぽくなっている以外は一見変わりがないように見えるが…

(©ニュースサイトしらべぇ)

ストロングな炭酸とアルコールの効果により、硬めの肩ロース肉がほぐれるほどやわらかになっているのがおわかりいただけただろうか?

■あとはフライパンで焼くだけ

(©ニュースサイトしらべぇ)

あとはストロングゼロをキッチンペーパーなどでふきとり、普通にフライパンで焼けばいいだけだ。焼き方は別記事のクッキングパパのレシピを参考にしてほしい。

■やわらかさだけでなくフルーティーな風味もプラス

(©ニュースサイトしらべぇ)

仕上がりはやわらかいのは言うまでもなく、成分であるライムやグレープフルーツ、レモンの香りで臭みもなく、フルーティーな風味もつき激ウマ!

(©ニュースサイトしらべぇ)

焼いているので当たり前だがアルコールも抜けており、お酒が苦手な人でも美味しく食べられること間違いナシである。

■食事のために生まれたチューハイ

(©ニュースサイトしらべぇ)

食事に合うチューハイとしても知られるストロングゼロ、料理にまで使えるとはまさに「食事のために生まれたチューハイ」と言っても過言ではない万能さだ。

ステーキを最強に美味しく仕上げたいなら、ぜひストロングゼロ漬けを一度試してほしい。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング