ありえない安さで最高のウニや北海道の幸を楽しめる店 登別『寿司政』がコスパ最強

しらべぇ / 2018年6月24日 7時30分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

北海道旅行で新千歳空港に降りた人たちがまず向かうのは、ほとんどの場合が札幌だろう。

だが、札幌と逆方向に1時間ほど高速道路を走った登別市には、信じられないほど安い価格で最高の北海道の海の幸が楽しめる寿司店『寿司政』がある。

■リーズナブルなのに高級感はアリ

(©ニュースサイトしらべぇ)

寿司政は3500円とリーズナブルにおまかせにぎりを食べられるのだが、ドリンクもソフトドリンクは200円からと格安。

(©ニュースサイトしらべぇ)

店内も非常に落ち着いた雰囲気で。お酒を飲んでも5,000円以内で収まる寿司店としては、かなり高級感があるほうではないだろうか。

■寿司のクオリティに驚き

(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ取材班が訪れた日に提供された寿司をひととおり紹介すると、こちらは『ぼたんえび』。まったりとした食感に濃厚な海老の旨味がたまらない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

これは肉厚なほたてをちょうど良い厚さにスライスし、すし飯とのバランスが取れた大きさに絶妙に調整している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

とろもこの価格帯の寿司店とは信じられないぐらい脂がのっており、口の中でスーッ…と溶けていく。品質の高さが食べたらすぐにわかるほどだ。

■うには贅沢に2種食べくらべ

(©ニュースサイトしらべぇ)

うには最強うに丼店『田村岩太郎商店』がある、北海道屈指のうに漁場・積丹半島の古平沖産のもの。

(©ニュースサイトしらべぇ)

しかもキタムラサキウニと、貴重なエゾバフンウニを食べくらべで提供してくれた。この2貫だけで東京なら1,500円~2,000円はするのではないだろうか。

■ほかにも北海道の幸が続々と

(©ニュースサイトしらべぇ)

ほかにもかに身をみそで和えたものや…

(©ニュースサイトしらべぇ)

いまが旬の甘えびに…

(©ニュースサイトしらべぇ)

ひらめやイカなど、北海道の海の幸が次々と登場。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■北海道産以外の魚介も激ウマ

(©ニュースサイトしらべぇ)

また、北海道の海の幸以外にも九州産のどぐろの塩炙りやこはだ、卵焼きなどが出てくるのもうれしい。

コレだけ食べて3,500円は、間違いなく道内でも最強レベルのコスパである。じつはこの寿司政、ミシュランのコスパがいい店を認定する『ビブグルマン』にも選ばれている。

■北海道へ来たらまずは登別へ

札幌へすぐ行くのもいいが、登別には良質な温泉もあるので、ぜひ1泊登別市に泊まり、美味しい寿司と温泉を堪能するのをオススメする。

ほかにもクマ牧場など、子供と遊べる施設もいくつかあるため、ファミリーにも向いているだろう。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング