自称「自然派」な友人 下半身に隠された「不自然」な真実に衝撃の声

しらべぇ / 2018年7月9日 7時0分

写真

(Tomwang112/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

健康を大切にする人のなかには、バランスの良い食事や運動を心がけるだけでなく、材料や機械製品、科学物質にまで目を向ける人がいる。そして、その行動はときに過剰になりがちだ。

だが、そんな人でもある意味「自然派」ではない行動を取ることもあるらしい。「はてな匿名ダイアリー」のエントリーが注目を集めている。

■自称「自然派」な女友達

投稿者(女)には自称「自然派」の友人(女)がおり、彼女は健康に色々と気を使っているという。どんなことかと言うと…

・マーガリンやショートニングが使われたお菓子は食べない

・ペットボトルの飲料は飲まない

・ラップは使わない

・電子レンジは使わない

・ビワの葉はめっちゃ健康に良い。ガンも治す

・遺伝子組換えの小麦粉やサラダ油は危ない

などで、冷静に見て少し極端&スピリチュアルっぽい感じ。とくに「ビワの葉はガンも治す」というのは、本当であれば全国のクリニックが即座に導入すべき内容だ。

■下半身に隠された「不自然」な真実

だが、一緒に温泉旅行に行って衝撃を受けることになる。温泉に入ったとき、彼女の下半身がキレイな無毛地帯だったのだ。投稿者がついつい見ていると、彼女は…

「脱毛したんだ。レーザーで」

と恥ずかしそうにコメント。これに投稿者は衝撃を受け、「彼女は自然派だ。電子レンジだって使わない」「それなのに体にレーザーを当てていたことに、勝手ながら驚きを通り越して怒りに似たものを感じてしまった」と思わぬ感情を抱くことに。

それ以降、投稿者は彼女の自然派な行動を見るたびに、「でもレーザー当てたじゃん」と心の中でつっこんでしまうのだとか。

■爆笑エントリーに秀逸コメント相次ぐ

この投稿に対し、他のネットユーザーからは大喜利のようなコメントが相次ぐことに。

・友人を毛無しすぎるのもいかがなものか。どうにも不毛な議論である

・“でもレーザー当てたじゃん” これはバズる

・「アレはアレ、剃れは剃れ」

・何度も処理するより、恥丘にやさしい

・“このモヤモヤが取れない”レーザーを当てれば良いのでは

・健康に気を使うという観点では、ツルツルの方が清潔なので整合性は取れているかもしれない

■「自然派」はまだまだ多い

(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ編集部では以前、女性687名を対象に「アンダーヘアのお手入れをしていますか?」と質問。その結果、20代女性がもっとも該当率が高く、3分の1がお手入れしていることがわかった。

とはいえ、全体では「自然派」が圧倒的多数であるという結果にであり、60代に至ってはわずか5%のみの該当。放任主義なようだ。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年12月20日~2015年12月24日

対象:全国の20〜60代女性計665名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング