ありえない…! やりたくない仕事を後輩に押しつける社員の最低行動3選

しらべぇ / 2018年8月4日 19時30分

写真

(imtmphoto/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

自分のやりたくない仕事があったときに、自分より立場が弱い後輩に権力をつかって押しつける人たちもいるようだ。

しらべぇ取材班は、職場で仕事を押しつけられて不快な経験をしたことがある人々に話を聞いてみた。

(1)勉強のためと押しつける

「介護の仕事をしていたときに、入浴介助の仕事がありました。サウナのような状態になっている場で20〜30人近い高齢者をお風呂に入れるため体力が必要で、午前と午後で担当者を変えないといけない規定。

しかし、先輩たちはみんなやりたがらず、当時新人であった私に『◯◯さんの勉強のためにやってもらいましょう〜』と押しつけ、午前と午後のダブルで入浴介助の仕事をさせられました。

当然、長時間そんなサウナのような高温多湿の場にいたため、私はダウン…。自分たちのことしか考えない最低な先輩たちだと思った」(20代・女性)

(2)どうでもいいことをして押しつける

「自分が頼まれた面倒くさい書類作成を放置して、ずっとどうでもいいことをしている1年上の先輩。僕が自分の業務が終わったのを見ると、『これやって』とその書類作成を押しつけてきました。

自分の仕事なのにコーヒー飲んでぐだぐだするだけでやらずに、下の人に押しつけるって。僕はあなたにいいように使われる道具ではないと不快な気持ちに…。

こんなことが毎回続いたので飲みの席で先輩に愚痴り、先輩からきちんと『自分が頼まれた仕事は自分でこなすように』と注意してもらった」(20代・男性)

(3)真面目にやる人に押しつける

「前に勤めていた会社では、上司も含めてみんながしゃべっているばかりで、新人でまじめに働いている私がずっと仕事を押しつけられていました。

もう会社の業務はすべて私がやっているんじゃないかというくらいで、『◯◯さんは仕事ができるからありがたいよ〜』とかおだてられましたが、まったく嬉しくない。

周りがそれなりに働いているなら仕事量が多くても文句はないけれど、世間話ばかりをしている中でひとり仕事を押し付けられるのは不快。半年たらずで退職した」(20代・女性)

■押しつけた経験がある人はどれくらい?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の会社員の男女570名を対象に調査したところ、「自分がやりたくない仕事を後輩に押しつけたことがある」と答えた人の割合は14.2%。

仕事(©ニュースサイトしらべぇ)

いくら自分はラクできたとしても、周りや後輩からの評価は悪くなるだろう。弱い立場に押しつけるのではなく、後輩を助けてあげられるような先輩や上司になりたいものだ。


(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日

対象:全国20代~60代の会社員の男女570名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング