渋いイケメン俳優が骨太演技にハマる 『ラストチャンス』第1話を振り返る

しらべぇ / 2018年7月23日 11時30分

写真

©テレビ東京

仲村トオル(52)が主演を務めるドラマ、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系)の第1話が16日に放送。

大人向けの重厚な作品に、早速注目が集まっている。

■波乱万丈な幕開けの第1話

元銀行マンの作家・江上剛原(64)の同名小説をもとにした本作。第1線で活躍していた銀行マンの樫村徹夫(仲村)が、銀行の吸収合併を期に異業界に転職。業績不振の飲食フランチャイズ企業を再建するために奮闘する社会派ドラマだ。

第1話では、吸収合併された銀行内で次第に居場所を失い、カード会社に左遷された樫村が、妻・明子(長谷川京子)に背中を押されて転職を決意。しかし、転職先のITベンチャー企業が買収され白紙になり、再び職探しをするハメになる波乱万丈な幕開けとなった。

■リアリティ溢れる合併の描写とドラマッチクな演技

元銀行マンという異色の経歴を持つ江上ならではの「シビアな合併の描写」はかなりリアル。それに対し、やや大仰にも思えるドラマチックな演技が、「ちょうどよい」盛り上がりを演出している。

樫村と明子の、どこか昭和感すら感じられる「正統派ないい夫婦」ぶりも微笑ましく、ツイッター上にも称賛の声が。また、演技派俳優たちの「大げさで心地よい」立ち居振る舞いも人気で、同じく銀行を舞台にしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)を思い出すという意見も。

そして再生請負人になるのか!
でも再生するってことは誰かを切らないとならなくなる…#ラストチャンス

— サイタマノ_チバ (@saitamano_chiba) July 16, 2018

仲村トオルさんが元エリート銀行員役なのですが、エリートエリートしていなくてホッとするというか、そこが良かった👍👍 #ラストチャンス #再生請負人

— マユミ@姉 (@akky1624) July 17, 2018

奥さん役って長谷川京子やってんな。
美人やけど今いい感じな美人さんになってる。#ラストチャンス#再生請負人#テレビ東京

— 橋本けんいち (@kenichi_hashi) July 16, 2018

#ラストチャンス 〜再生請負人 の録画なう。主人公・樫村の奥さんが素敵。彼女のゆったりした感じはなんだろう、どこから来るんだろうと思わなくもないのだけど、悩む旦那に「飲もっか」と柔らかく誘えるの、素敵だなあと思った。

— 古都里 翼 🐾Haniet (@BlueWing_1843) July 16, 2018

少し半沢直樹風だけど、これから楽しみなドラマだな。 #ラストチャンス

— アキヲ (@it2asunnyday) July 16, 2018

■ミッキー・カーチスがいい味を出している?

初回の放送で「いい味」を出していたのは、樫村が路上で出会った占い師役の、ミッキー・カーチス(79)。彼は、将来に不安を抱えた樫村が、たわむれに手相鑑定を依頼すると、

「人生、七味とうがらし」

という謎めいた言葉を投げかける。年齢不詳の「老け作り」をした彼の表情や振る舞いは怪しく、それ故にセリフに深みが増している。人生のスパイスとなる「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」という7つの感情を表すというこの言葉は、権謀術数渦巻く今後を予想させる。

■「油断ならないキレモノ」風イケメンの椎名桔平

主演の仲村トオルと並ぶ「アラフィフのイケメン俳優」、椎名桔平(54)も「油断ならない」いい存在感を発揮している。椎名は、樫村の同期の宮内亮役で、東京大学出身の生粋のエリート行員。しかし、合併により出世の道が立たれ、いち早く退職し経営コンサルタント会社を立ち上げる。

宮内は第一話では、先見の明があり、論理的思考に長けたナイスガイに描かれており、後半では樫村を自らの会社に誘う「友達思い」なアクションを起こしているものの、セリフの端々から「情に流されないキレモノ」風のクールな一面が見て取れる。ラストシーンでは、「冷徹な人間」にも思える意味深な笑みを浮かべていた。

■再就職先に「7億円返せ」という男が

後半では、樫村の再就職先が決定する。旧知の仲の投資ファンド『ジャパン・リバイバル・ファンド(JRF)』社長の山本知也(大谷亮平)から、経営不振の飲食フランチャイズ企業『デリシャス・フード』のCFO(最高財務)として経営を立て直してほしいと依頼されたのだ。

自身の会社に入社しないかという宮内の誘いを断った樫村は、『デリシャス・フード』に再就職する。しかし、「デリシャス・フード」の内部は「嫌な予感しかしない」雰囲気に満ち溢れており、ついには、突然会社を訪ねてきた男が「7億円、耳を揃えて返せ」と叫ぶ事態に…。

■気になる「第2話」の内容は?

第2話では、「7億円、耳を揃えて返せ」と怒鳴り込んできた男性に対し、岸野(勝村政信)ら幹部社員は「問題ありません」と言い張る。そんな中、樫村は十和子フード社長の十和子(水野美紀)から飲食業のレクチャーを受ける。

十和子は樫村が以前、道でぶつかった謎の美女だったという偶然も。十和子はフランチャイズ展開の危険性を指摘し、さらに、樫村は宮内からも同じ話を聞くことになるが…。

■「分かりやすさ」にこだわった工夫も

波乱含みの幕開けをした『ラストチャンス 再生請負人』。骨太な社会派ドラマなだけに、やや難しいビジネス用語も登場する本作だが、その演技や演出には「分かりやすさ」にこだわった工夫が随所に見受けられる。

「CFO(最高財務責任者)」などのワードを、登場人物が丁寧に説明しながら進み様は、どこか「経済漫画」のような親しみやすさも感じられ、幅広い層に受け入れられそうだ。

同作の中で今後、「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」という不穏なキーワードがどのように生きてくるのか、いやがうえにも期待が高まる。

《『ラストチャンス 再生請負人』記事一覧はこちら》


(文/しらべぇドラマ班・星子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング