美しい顔も台無しに? 人間が不愉快になってしまう笑い方5選

しらべぇ / 2018年8月4日 10時0分

写真

(Yue_/iStock/Thinkstock)

人間の感情にはいろいろあるが、「笑い」は特別。一般的に、よく笑っている人は好印象を与える。ところが大声で叫ぶように笑う人は、「うるさい」と嫌われることもあるという。

■大きな笑い声は嫌い?

しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,357名に笑い方について意識調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「大きな笑い声が嫌い」と答えた人は40.8%。半数は下回ったものの、大きな笑い声について嫌悪感を持つ人が一定数存在している。

笑い声が大きいという自覚がある人は、少々気をつけたほうがいいかもしれない。

■不愉快な笑い方5選

「声が大きい」以外にも人々を不愉快にさせる笑い方も…。複数の人に取材し、まとめてみた。

(1)引き笑い

「美女が明石家さんまのように『うぁうぁ』と引き笑いすると、こっちが引いてしまうし、なんだか美が失われていく気がする。『笑い方がおかしい』とも言えないし、残念だなと思ってしまう」(30代・男性)

(2)イヒヒヒヒ笑い

「ある人気女優のように、『イヒヒヒヒ』と息を吐くように同じ音が続く笑い方。悪魔の笑いのようで、なんだか怖い。イケメンなのにそれだと、もったいない」(30代・女性)

(3)大口を開けて手を叩く

「関根勤のように大口を開けながら、手をわざとらしく叩いて笑う人。まずわざとらしいし、口を大きく開けるのはちょっと下品に感じる。それで手も叩くとか、ちょっと不格好ですよね」(40代・男性)

(4)愛想笑い

「面白くないくせに、『フフ…』とか言って愛想笑いをちょっとして、すぐに次の話に移行する人。つまらないなら流せばいいのに『フフ』とかやられると、『なんだよ』って思ってしまう。職場とかだと、結構やる人が多い」(30代・男性)

(5)明らかにおかしい音量

「とにかく大声で笑って、『お腹痛い』とか言う人。合コンとかに多いので、たぶん盛り上げようとしてるのだろうけど、わざとらしくてドン引きする。バカにしてるのかな、なんて思っちゃう」(20代・女性)

笑いも生理現象なだけに、なかなか変えることは難しいだろう。しかし、相手や周囲が嫌がることもある。当てはまるかも…と思った人は、注意したほうがいいかも。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング