美容院で「かゆいところないですか?」と聞かれた時のトラブル3選

しらべぇ / 2018年8月6日 9時0分

写真

(dolgachov/iStock/Thinkstock)

美容院でシャンプーされたときに聞かれる「かゆいところないですか?」。なにげないやりとりでも、返答の仕方ひとつで、気まずい思いをする人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、美容院で「かゆいところないですか?」と聞かれた時のトラブルを調査してみた。

(1)流し忘れてても言えない…

「髪を洗って完了するときに、新人アシスタントの子だったのか、襟足を流し忘れられていました。

でもお湯で流されているときに、そろそろ終わる雰囲気で『気持ち悪いところやかゆいところないですか?』と聞かれたんですが、『大丈夫です』と言ってしまった自分がいました…。

席を起こされた後に流し忘れに気づいてもらい、謝罪されながら再度洗ってもらえましたが、『私も気づかなかったです』と言いましたね。気を遣って意外と言えないです…」(20代・女性)

(2)言っても声が届かない

「『かゆいところないですか?』と聞かれたときに、ふざけて『背中がかゆいです』と言いました。

でもシャワーの音があったり、顔にガーゼみたいなのがかけられて声がくぐもっていたりで、美容師さんには届かず…。華麗にスルーされたことがあります。

無視されたとたんに自分が言ったことが恥ずかしくなって、ガーゼの下では顔が真っ赤になってたと思います。これ以降は『ないです』としか言わなくなりましたね」(20代・男性)

(3)若いアシスタント&中年男性

「美容院でシャンプーしていたときに、横に中年のおじさんがいて、その方を若い女性が担当をしていました。その子が『かゆいところないですか?』と聞くと、おじさんは『ここがかゆい、あそこがかゆい』としつこく注文をつけていたんですよね…。

担当していた子がかわいいから、コミュニケーションの意味もあったんでしょうが、女性側からしたらセクハラ感があって嫌ですよね。最終的にはその子に『いったん起こすので自分でかいてもらってもいいですか』と冷たく言われていました。

どっちの気持ちもわかるので…この流れを横でシャンプーされながらずっと聞いていて、なんとも言えない気持ちになりましたね…」(30代・女性)

■かゆくても言えない人は5割!

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代男女1,498名を対象に調査したところ、「美容院で『かゆいところないですか?』の質問に、あっても言えないタイプだと思う」と答えた人は49.2%。

髪の毛(©ニュースサイトしらべぇ)

気を遣って言うくらいなら、我慢してシャンプー後に自分でかけばいいと思う人は多いのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1498名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング