「こんな理由で夫を嫌う自分を恥じてます」と訴える妻 まさかの理由に衝撃走る

しらべぇ / 2018年8月5日 17時0分

写真

(Rawpixel/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

愛してやまない夫であろうと、「生理的なムリ!」と感じることはあるだろう。中には、結婚を維持するのが難しいほどに、我慢の限界を迎えている女性も。

このことについて、女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』のとあるトピックが話題になっている。

■数々の「小さな不満」が爆発

「こんな理由で夫を嫌う自分を恥じてます。でも我慢の限界なんです」と訴えた投稿者の女性。

夫は優しい性格のようで、投稿者が具合が悪いと仕事から戻って家事やマッサージや料理なども引き受けるほど。ギャンブルも浮気もせず、安定して高い給料を稼いでいる。

しかし、結婚後一年目から夫の鼻が「ピーピー」となる音が気になって気持ち悪いと感じるようになったという。そこから小さな行動が気になりはじめ、容姿に無頓着なところや、ボソボソ話す声に苛立ちをおぼえるようになったそう。

さらに、一番つらいのが夫との夜を営みで、夫の「モノ」では満足できなくなったとのこと。性生活のことやその他の不満点を挙げ「容姿に気をつけてる人と歩きたいんです。ボソボソ話さない人と会話をしたいんです。鼻のピーピー音にはうんざりです」と訴える。

投稿者は離婚も考えているようで、掲示板に「これは離婚の危機だと思いますか? どうすれば良いのかわかりません。離婚理由になりますか? 夫に全て話すのは酷すぎますか?」と意見を求めた。

■夫との生活が物足りない?

投稿を受け、掲示板からは「結果は出ている」「ないものねだり」などさまざまなアドバイスが寄せられた。

・もう結果は出てるのでは? 主さんは離婚したいんですよね。身一つで離婚覚悟で話した方がいいと思うよ

・ちょっと質問。ピーピーがイヤとか、性生活がイヤなのに、マッサージはOKなの? たぶん何をしても好きになれなさそうだから、離婚したらいいけど、逃した魚は大きいことに気づくでしょうね

・物足りないのだろうね。ないものねだり。生活が安定してるから刺激がほしいのではないかなぁ?

■「生理的に無理」との指摘も

また、「生理的に無理なら仕方がない」と同情する声も。

・それはもう、あれですよね…嫌いになってしまったというか。この人のここが嫌、ではなくて、その人を嫌いになると、その人のやることなすことにイライラしたり許せなくなってくるんですよね

・生理的に受け付けないのは、もう、生活を共にするのはムリだと思いますよ。いまのご主人がありのままのご主人であって、ここまでの状況になってしまったら、主さんにとって毎日が拷問ですよ、たぶん耐えられるのは時間の問題。ご主人にとってもありのままの自分を愛してくれる人と生活されたほうが良いと思う

■生理的に無理な人はいる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,361名に「生理的に無理な人がいるか」について意識調査を実施したところ、約7割が「いる」と回答した。

生理的に無理グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

男女・年代別で比較したところ、もっとも差が見られたのが20代で男性が4割、女性が約7割との結果となった。

掲示板でも指摘されたとおり、もしかすると投稿者にとっての夫は「生理的に無理な相手」になってしまったのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日

対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング