死ぬまで続けると2000万も… 「最新ハゲ治療」体験談に驚きの声

しらべぇ / 2018年8月5日 7時0分

写真

©ぱくたそ

昔は豊富にあった髪の毛も、加齢とともに薄くなっていくもの。だが、中にはお金をかけることで維持しようと頑張る人もいる。

31日、「はてな匿名ダイアリー」に薄毛治療を受けている人物の体験談が投稿され、話題になっている。

■死ぬまでに2000万円出費の可能性も

都内で一番高いクラスの薄毛専門外来に通っているという投稿者。月額3万円程度かかってしまうものの効果はテキメンで、2ヶ月程度で薄毛が目立たなくなったそう。

だが、治療をサボるとまた薄くなってしまうという難点があり、永続的な投薬が必要に。しかも、皮膚科など安いところに行くと、現状維持がせいぜいで、薄毛改善は難しい。

ということで毎月3万円の出費が必須となり、死ぬまで飲み続けた場合、最大2000万円くらいかかってしまうという。

「ハゲない代わりに2000万円」「ハゲ薬で家が建つ」と自嘲気味に語り、投稿を締めくくったのだった。

■2000万円に驚きと嘆き

この投稿に対し、他のネットユーザーからは驚きや嘆きの声が相次ぐことに。

・生涯2000万か。もう贅沢はできないね

・金の切れ目が髪の切れ目。世知辛い世の中だ

・つまりハゲてないおれは2000万円持ってる……?

・ハゲ税月3万円

・毛根格差の是正を求む 保険適用を

■薄毛対策を20代「絶対する」も…

しらべぇ編集部では以前、20〜60代の髪がフサフサな男性268名に「もし頭皮が薄くなってきたら、植毛や増毛を考える」かの調査を実施。すると20代の4割以上がなんらかの対応をすると回答していた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一方、40代以降は1割からそれ未満となり、すでに薄くなって諦めている人や、薄くなっても対策をしないと考えている人が多数派に。

あるいは、「やっても無駄」「お金がかかりすぎる」「腹も出てるしハゲだけ治っても意味がない」などと考えているのだろうか。

薄毛治療が保険適用になるのは正直考えられないものの、今後、値段が下がっていく可能性は十分にある。少しでも安くなり、毛根格差が是正されることを願いたい。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日

対象:全国20代~60代の髪がフサフサの男性268名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング