釧路市職員が住宅手当を不正受給 「12年で400万」に怒りの声相次ぐ

しらべぇ / 2018年8月3日 13時30分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

2日、釧路市は職員12人が、住宅手当計527万円を不正に受給していたと発表。悪質かつセコい行為に、ネットでは怒りと呆れの声が続出している。

■家賃の支払いがないのに13年も…

「読売オンライン」によると、釧路市ではこのたび借家契約を結んでいる職員795人を対象に調査を実施。住宅手当は最高月額2万7500円で、12人が住宅手当計527万円を不正に受給していた。

金額がもっとも大きかったのは40歳代の男性課長補佐。親族間契約で、家賃の支払いがなかったにも関わらず、13年7ヶ月にわたって計400万円余りを不正に受け取っていたという。

市は同日付で12人を厳重注意処分に。また、うち5人がすでに合計約416万円を返納しているそうだ。

■ネットでは怒りと呆れ

この報道に対し、ネットでは怒りと呆れの声が。

・呆れたやつらだな

・やり方がセコい

・市民の理解を得られるわけがないよね、これでは

■処分の甘さ指摘する声も

また、市側の処分の甘さを指摘する声も多い。

・懲戒免職じゃないの?

・そりゃ処分が注意だけなら誰だってやるよ。身内は注意だけ、部外者は刑事告訴。こりゃ市民も怒るわな

・実際かかってない費用請求してんだから詐欺でしょ。厳重注意だけってやってバレても大したことないからバレなきゃやり得だな。役所は処分甘すぎる、変えた方がいいよ

■公務員の「仕事満足度」は2位

しらべぇ編集部では以前、全国の有職者672名に「今の仕事に満足しているかどうか」を調査。その結果、全体では35.6%が満足と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

また職業別では公務員は自由業に次いで2位に。収入が景気に左右されにくいこと、よほどのことがない限りクビにはならないことがその理由だろう。

今回の調査がなければ、彼らはずっと黙って不正に受給していくつもりだったのだろうか。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日

対象:全国20代~60代の有職者男女672名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング