社会人になってからも勉強してる? ガリ勉だった人は反動で…

しらべぇ / 2018年9月17日 6時30分

写真

(©ぱくたそ)

大人になると自発的に動かないと、新しい学びを得るのは難しくなる。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代有職者の男女670名に「学びについて」の調査を実施。

「社会に出てから、勉強をほとんどしていない」と答えた人は、全体で30.1%。約3人に1人が、社会人になってからは勉強していないことが判明したのだ。

■仕事で必要に迫られて…

性年代別で見ても、年代や性別で規則的な変化は見られない。

社会人になってからほとんど勉強していない性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

各自の置かれた立場や性格によって、勉強するかどうか決まるのだろう。

「仕事でたまに英語での対応が求められることがあり、いつも苦労している。そこで本格的に勉強を始めようと思い、英会話スクールに通い始めた。

独学で勉強しようとしたことは何度もあるけど、いつも途中で挫折してたから。お金を払って教えてくれる相手がいれば、続けられるかなと思って…」(20代・男性)

■なにを持って勉強とするのか

学生時代とは違って、社会人になると勉強の定義も曖昧になる。

「なにを持って、勉強とするかは難しいところ。職場で新しい仕事を覚えることだって、勉強になると思うけど…。

またプライベートの時間を使って資格取得を目指している人は胸を張って『勉強している』って言えるだろうけど、『ビジネス書をたくさん読む』とかはかなり微妙なところ。趣味と勉強の間って感じがする」(30代・男性)

■ガリ勉だった人は意外にも…

ガリ勉だった人は、半数以上の人が勉強していないと答えている。

社会人になってからほとんど勉強していない傾向別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

子供の頃から勉強の習慣があっても、大人になるとやらなくなってしまうようだ。

「勉強は好きでやっていたわけでなく、親がうるさいから仕方なくって感じだった。

社会人になって家を出てからは、親の評価を気にしなくてよくなったので、もちろん勉強なんかせずに遊び放題。遅れてきた青春を、今、楽しんでいる」(20代・男性)

社会人になると日々の暮らしから、学んでいくこともたくさんありそうだ。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代有職者の男女670名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング