「正直死にたい」と訴える3児の母 悲痛な叫びに「逃げて」の声も

しらべぇ / 2018年8月30日 5時30分

写真

(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

共働きが当たり前となった昨今、仕事と育児に追われる女性は少なくない。「子供のためなら…」と奮闘する人もいるが、中には孤独やストレスから絶望している人もいるだろう。

このことについて、女性向け匿名掲示板『ガールズトーク』のとあるトピックが話題になっている。

■「もう感情が無です」と悲痛な訴え

「助けてほしい 正直死にたい 逃げたい」と掲示板に訴えた女性。小2、年少、1歳8ヶ月の3人を育てながら、朝8時から夕方5時まで働いているという。

1ヶ月以上も熱が続いているにも関わらず、仕事や家事、育児を休む暇がない。夫は協力してくれてはいるものの、仕事の帰りは遅いため、基本的には投稿者が担当しているという。

経済的な問題もあるのだろう、現在の職場を辞めるわけにもいかず、家事や育児に専念することはできないようだ。

投稿者は「誰か助けてほしい」「ずっとトランクケースの中に入っていたい」「何も考えず、何もせずに過ごす日が欲しい」「もう感情が無です」と悲痛な思いを打ち明けた。

■「読んでるだけでめまいがしそう」

投稿を受け、掲示板からは「無理しないで」「誰かに頼って」と心配の声が相次いだ。保育園、親族や公的機関などの力を頼ることが大切とのアドバイスも。

限界が来ているにも関わらず、1ヶ月も熱が続いた状態を放置する投稿者に「今すぐ病院に行って」「体を大切にして」との声も寄せられた。

・人に頼りなさい。実家のお母さん、公的機関など頼りなさい。負い目など感じず大切な宝物を産み育てているんだから、堂々としてね

・保育園からなんと言われようとも、土曜日も預かってもらってリフレッシュしましょう。なんか言われたら保育士の前でわっ! と泣いてしまえ

・読んでるだけでめまいがしそう…それをリアルで頑張ってるんだからそりゃ熱も下がらないし、無にもなるよ。死にたい! よりも先に勝手に死にそうだよ…とにかく周りの誰かに助けを求めて下さい

■子供がいないほうがよかった?

投稿の中で、女性は3人目を生む際に「無理なんじゃないか…」と感じていたという。

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の子供のいる男女に「子供がいないほうがよかったと思った瞬間があるか?」調査したところ、女性のほうが10ポイント近くも高い結果に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

それだけ、女性のほうが「育児のつらさ」を実感しているということか。

「無になりたい」と思うほど疲弊している投稿者だが、夫や頼れる人や施設を確保することが大切だ。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日

対象:全国20代~60代の子供がいる男女651名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング