「ヒカキンへの暴挙」で炎上 とろサーモン・久保田の悲惨な現状に同情の声

しらべぇ / 2018年9月5日 16時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇでも既報のとおり、2日に放送された『逃走中』(フジテレビ系)内での「クズに徹した言動」により、とろサーモン・久保田かずのぶのツイッターが炎上。

そんな久保田が4日、炎上騒動がいまだに鎮火していない状況を明かし、ファンから同情の声が寄せられている。

■ヒカキンへの暴挙で炎上騒動に

番組内のキーアイテム「身代わりスイッチ」を手にした久保田は、自分の身代わりに確保される対象として、人気ユーチューバー・ヒカキンを指名。

そのうえ、ヒカキンに自分の元に来るよう指示したのだが、その移動中にヒカキンがハンターに捕えられてしまった。

スイッチの効果は別の出演者に発動されたのだが、「大好きなヒカキンが久保田のせいで捕まった」として、泣いてしまう子供が続出。その後、ツイッター上で炎上騒動に発展し、久保田に対して「クズすぎる」といった野次が相次いだ。

■いまだに「ハンターみたいに追われている」

そんな炎上騒動の余波について、久保田は4日、自身のツイッターで言及している。

未だにSNSでメンヘラのイタ垢の者やマイノリティーなアニメアイコンの方からハンターみたいに追われてる。笑
おいよく聞け。逃走中は終わった。でも今1番捕まえないといけないのは富田林から逃走中を続けてる犯人だ。あいつは自首もしない。「身代わりスイッチ」も持ってないから確保したら終わりだ🕶

— とろサーモン久保田かずのぶ🍣 (@kubotakazunobu) September 4, 2018

放送から2日経っても炎上騒動は鎮火しておらず、熱心なユーザーたちから「ハンターみたいに追われている」ような状況のよう。

そのうえで、大阪・富田林留署から本当の逃走中の容疑者を指し、「あいつは自首もしない。『身代わりスイッチ』も持ってないから確保したら終わりだ」とコメント。「現実とゲームの世界」とを対比させ、自分を追い回す行為は不毛な行為であることを訴えている。

■同情の声が相次ぐ

こちらのツイートには、いまだに炎上が鎮火しない事態に、同情の声が多く寄せられている。

「ゲームだったのに、そんな後々まで大変だね。お疲れさま!」

「久保田さんいなきゃ面白くなかった」

「そんな激アツに久保田さんを追いかけてたら、嫌でも面白さに気づくはずなのになー。気長に待ちましょう」

「久保田さんはテレビというエンターテイメントの中で十分にいい仕事をされている」

「久保田さんが身代わりスイッチ手に入れなかったら、逃走中の前半はただの鬼ごっこですよね(中略)久保田さんみたいな人がいるからバラエティは面白くなるんだ。って、久保田さんのファンじゃない友達も言うてますよ」

ルールの範囲内で、番組を盛り上げるために悪役に徹した久保田を評する声が目立つ。また、「ただのゲーム」と割り切れないでいる人に追われている状況には、同情の声も。

■「ネットでの炎上経験」ある?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名を対象に「ネットで炎上した経験がある人」の割合を調査したところ、が該当者は全体で4.4%という結果に。

年収別で見てみると、収入が高い人ほどネットでの炎上経験がある人の割合が増える傾向にあることが判明した。

バラエティ番組を盛り上げるためには、あらゆるスパイスが必要になるシーンも。炎上騒動が徐々に鎮火していくことを願いたい。


(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日

対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング