「香水をつける人は自己中」な3つの理由 匿名投稿に賛否が相次ぐ

しらべぇ / 2018年9月17日 5時30分

写真

(Jupiterimages/Stockbyte/写真はイメージです)

オシャレや体臭を隠すため、香水をつけている人は少なくない。しかし、中には香水をつけている人にイライラしている人もいるようだ。

このことについて、『はてな匿名ダイアリー』に投稿された「香水をつけてる人の9割は自己中」というトピックが物議を醸している。

■香水をつける人は自己中心的?

香水をつけることを止めたという投稿者。元々頻繁につけておらず、ほのかに香る程度の使用だったが、家にある香水をすべて捨てたようだ。理由について、「香水をつけている人のほとんどが自己中だと気がついてしまったから」とし、自分がその仲間になりたくないと明かす。

投稿者は、香水をつける人には3つの動機があると分析。

(1)自分の好きな匂いをつけて気分を上げたい

(2)「私(オレ)いい匂いするでしょ? いい匂いする私(オレ)いい女(男)でしょ?」アピール

(3)体臭隠し

このうち「気分を上げたい」「体臭隠し」はほとんどないとし、ほぼすべて「自己アピール」にあるという。

人それぞれ好き嫌いのニオイがあるにも関わらず、自分の好きなニオイをつけることに「匂いを一方的に撒き散らし、周囲の人間に強制的に嗅がせるというのは自己中という他ありません」と断言した。

■「変なレッテルはるな」と反論

香水をつけている人の9割が自己中心的だと断言する投稿者だが、コメント欄や『はてなブックマーク』からは「気にならない」「別にかまわない」と反論が寄せられた。

「そう? 街を歩いてるだけでいろんな香りがして楽しいから僕は香水大好き!」

「こういう、迷惑かけないようにウチへウチへと過剰に縮こまらなきゃいけないという風潮嫌い」

「変なレッテルはるな。自分の好きなニオイを自分のためにつけてるだけだわ。いい匂いと言われても柔軟剤ですよで誤魔化してるし。人のニオイなんて気にしてるやつの方がよほど自己中だろ」

■香水嫌いの本音も…

一方で、投稿者の意見に理解を示す声も。

「どんなにほのかでも香水は嫌い。映画館とかの隣に来られると逃げることもできないので最悪」

「高校生で卒業しろよマジで、どんなハイブランドの香水も臭いってしか思われないから」

「メシ屋に行く予定がある人は控え目でお願いしたい」

■他人の香水で嫌な気分になった人は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女555名に「他人の香水の匂い」について調査したところ、多くの人が「嫌な気分になったことがある」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

また、女性では9割近くが不快になった経験があるようだ。

スメルハラスメントという言葉があるが、過度に香水を振りまく人は周囲を不快にさせているかもしれない。しかし、その一方で「香水くらい自分の意志でつけてもいい!」と「○○叩き」に負けない心ももちたいものだ。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年6月19日~2015年6月22日

対象:全国20代~60代 男女555名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング