特別支援学校の教師が生徒に「刃物で刺せ」 残酷すぎる暴力と暴言に非難殺到

しらべぇ / 2018年9月12日 18時30分

写真

(maroke/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

名古屋市の特別支援学校で、男性教師が生徒に対して蹴るなどの暴力を振るったり、暴言を吐いたりしていたことがわかった。

教師とは思えない残酷な行為の数々に、ネット上では怒りが相次いでいる。

■「刃物で刺せ」と煽ったことも

報道によれば、男性教師は昨年4月から今年2月までの間、同校の生徒のふとももを蹴ったり、足を踏みつけたりと暴力をふるった他、バットで床を叩くなどの威圧的な指導、「チビ」「デブ」などの暴言を吐いていたという。

また、『東海テレビ』によると、生徒への暴力や暴言は以前からたびたび目撃されていたようで、中には特定の生徒に対して「刃物で刺せ」と他の生徒にたきつけたケースもあったとのこと。

外部から情報提供で発覚した同問題だが、名古屋市教育委員会は「明らかに不適切な指導。処分も含めて厳正に対処したい」としている。

■「教師の資格はない」と非難が相次ぐ

報道を受け、『Yahoo!ニュース』やツイッターでは「教師失格」「許せない」と非難が殺到している。

「何かあっても訴えられない子もいるのに、守られるべき場所でこんなことがあるなんて許せない。こういう人は社会的に締め出されて一度同じ痛みを味わえばいいのに」

「障がい者の立場を理解出来ない方は、障がい者に近づいてはいけない。なぜ、養護学級の教諭になったのか解らない」

「容姿のことを言っていて、言ってもわからない、抵抗もしないだろうという考えも見えて、弱いものいじめをする嫌な人間で教師の資格はない」

「恐怖で支配しようとするなんて最低最悪。教員としての能力に欠ける人間。教育現場に今後一切、かかわらないでほしい」

■体罰を受けた経験がある人は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,348名に「教師から体罰を受けた経験」について調査すると、2割が「経験アリ」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

男女ともに4、50代がもっとも経験している。また、若い年代では減少傾向にある。

たびたび目撃談があったにも関わらず、なぜ外部からの情報提供があるまで発覚しなかったのか。壮絶な暴力と暴言の実態だけに、生徒たちの精神面も心配だ。当該教師には厳正な処分が下ることを願いたい。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日

対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング