貴乃花親方が退職願を提出 会見で明かした相撲協会の圧力に「パワハラ」と批判殺到

しらべぇ / 2018年9月25日 18時40分

写真

(画像はAbemaTVののスクリーンショット)

元横綱・貴乃花親方が25日、都内で記者会見開き、日本相撲協会を退職する意向を表明。その原因を作った日本相撲協会に批判が殺到している。

■告発状について相撲協会から圧力

貴乃花親方は記者会見で退職する理由について、

「今年3月に内閣府に提出し、後に撤回した告発状について、協会サイドから書面が届き、事実無根な理由に基づいてなされたものと結論付けられていた」

ことを明かす。

そして日本相撲協会から、

「告発状の内容が事実無根な理由に基づくものであることを認めないと親方を廃業せざるを得ない」

と有形無形の要請を受け続けたと告白。

さらに今年7月相撲協会が新設した「親方は一門に属さなければならない」というルールを守るため、現在無所属の親方が他に移籍するためには「告発状の内容は事実無根な理由に基づいたものと認めろ」と再び迫られたことを明かす。

これについて貴乃花親方は、

「告発状の内容は事実無根ではございません。真実を曲げて告発は事実無根だと認めることは自分にはできない」

とコメントした。

■弟子たちは千賀ノ浦部屋へ移籍

続けて貴乃花親方は「このままでは貴乃花部屋に所属する力士たちが相撲を取ることができない」とし、全員を千賀ノ浦部屋に移籍させ、

「私、貴乃花光司は年寄を引退することが最善の道であると、苦渋の決断に至った次第です」

と説明した。寂しさがあるのだろうか、質疑応答でも「無念」「苦渋」「悲しい思う」などの言葉で感情を表現し、「弟子たちが土俵で活躍することが最優先」と繰り返す。部屋の弟子には今朝話したそうで、ほとんどの者が涙していたのだという。

そして今後については、「相撲にかかわっていきたい」とコメント。

なお現在のところ相撲協会は退職届を受理しておらず、残留の可能性もあるが、貴乃花親方は「残るつもりはない」と話している。

■相撲協会のルール変更が背景に

貴乃花親方が退職せざるを得なくなった理由は、7月に相撲協会が「すべての親方は5つの一門(出羽海・二所ノ関・高砂・時津風・伊勢ケ浜)に属さなければならない」というルールを作ったことが大きい。

同親方は6月に「貴乃花一門」を自ら解散し、「一兵卒」として出直していた。取り決めには「9月27日の理事会までに決めなければならない」という規定があり、期限までに所属する一門が見つからないため、退職を決意せざるを得なくなったのだ。

■相撲協会に批判の声

貴乃花親方の退職は日本相撲協会の「告発状は事実無根と認めろ」という圧力と、「親方は一門に属さなければならない」という取り決めによるもの。取り決めについては一門を解消したあとに決定されており、「貴乃花潰し」を念頭に入れたもののように思える。

それだけにネット民からは、貴乃花親方への同情と、相撲協会の「やり方」に批判の声が続出している状況だ。

貴乃花親方、退職届提出って…
絶対こんなのイジメじゃん
一門に所属しないと協会にいさせないとか、貴乃花親方を潰したいだけ

よかったですね相撲協会、あなた方の思惑通り貴乃花親方は去っていきますよ、これで満足ですか?

なんで正しい人が辞めていかなきゃなんないんだろ#貴乃花親方

— (@MinMin16386) September 25, 2018

この件は無念でならん…なんて言っていいのか…
貴乃花へのパワハラじゃん、案に部屋をやめて、親方から退けと言ってるようなもの。協会からの圧力。
協会は都合の悪い告発はなかったことにしようと、貴乃花を村八分に。
協会はこれでいいの?胸痛くならんの?相撲協会は良くなるわけない。#sumo

— たかくん@ホークス&きせのさ党 (@hiko_taka03) September 25, 2018

どの世界も
上の圧力って凄いんだろうなぁー。
怖い😱
貴乃花親方 頑張ってたのになぁー😭
歳が同じぐらいなだけに残念です。
いつまでも変わらない
上の圧力(>ㅁ<` )💦
怖い先輩は苦手

— ゆのは神🥇(祝)初プレミアム席🍓 (@yuno_sexy_dance) September 25, 2018

■次なる舞台での活躍に期待

今回退職が濃厚となった貴乃花親方。今後は未定だが、その知名度とタレント性は高く、次なる舞台でも大活躍してくれるはず。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の貴乃花親方を知っている人に聞いた好感度調査では、若い男性から高い支持を集めている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

喧嘩別れのような形で相撲界を去ることになってしまったのは残念だが、相撲解説者やタレントなど活躍する舞台はたくさんある。

相撲協会のパワハラとも思える措置にめげず、頑張ってもらいたい。そして貴乃花のような情熱と知名度の高い「大横綱」を失った相撲協会の代償は大きなものになるだろう。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日

対象:全国20代~60代の貴乃花親方を知っている人1,211名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング