泰葉が元マネージャーを脅した疑いで書類送検 「悲惨さしか感じない」と同情の声も

しらべぇ / 2018年9月28日 17時20分

写真

(写真は泰葉公式ブログのスクリーンショット)

28日、神奈川県警藤沢署がタレント・泰葉(57)を元男性マネージャーA氏に対する脅迫の疑いで、書類送検していたことが明らかになった。

■包丁や犬のふんが入った袋をA氏宅前に置き脅迫

書類送検容疑は昨年8月16日にA氏宅前に包丁や犬のふん、脅迫状の入ったポリ袋を置き脅迫した疑い。

昨年8月にA氏が神奈川県警藤沢署に被害届を出し、刑事告訴していた。署によると泰葉は容疑を認めているという。

A氏へのインタビューをもとに騒動を報じた『週刊女性プライム』によれば、A氏には脅迫文以外にも

「イラン人が激怒しているんです。やるのは簡単よ」

といった脅迫めいたメールが送り付けられていたという。なお、泰葉は報道後ブログを更新。

「被害届けを出して下さいましたA氏に謝罪するとともに、心より感謝します。私は人間として立ち直ることができました」

とコメントを発表している。

■泰葉が巻き起こした騒動

泰葉は2007年に当時夫であった落語家の春風亭小朝と離婚を発表。その後の公式ブログでの「金髪豚野郎」発言を皮切りに、これまで多くの騒動を巻き起こしていた。

近年では2017年6月には記者会見を開き、自身が双極性障害であることを告白するとともに、元夫である春風亭小朝の暴力が原因であるとして告発。世間を騒然とさせた。

その後も、Facebookで知り合ったイラン人の会社社長・メィヒディ・カーゼンプール氏との2度にわたる破局発表。高級ホテルハイアットリージェンシー・箱根の宿泊代金100万円を踏み倒すなど、不可解な言動を繰り返している。

■「止まらない暴走」に怒りの声

今回の報道を受け、泰葉の止まらない暴走にネット上では厳しい声が相次ぐ。

「きちんと起訴して、実刑判決を下して投獄でいいです」

「相変わらず屑の極みだわ」

「こんなサイコパス野放しにしておくな」

■入院を勧める声も

その一方で泰葉が双極性障害であることやイラン人社長との破局発表を受けてか、一部からは同情の声もきかれた。

「彼女は壊れてしまってるんだろう。悲惨さしか感じない。誰か助けてあげられる人はいないの?」

「もうこれは入院させた方が良さげな」

「精神的に病んでいると思う 病気なので自覚が無いのは当然! これ程他人に迷惑を掛け続けているのだから親兄弟が積極的に診察を受けさせるべき 誰かを傷付ける前に」

今回の騒動を経て、泰葉は自身が言うように人間として立ち直ることができたのか、今後の言動が注目される。


(文/しらべぇ編集部・小林 空

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング