パスタソース『青の洞窟』高級ライン・GRAZIAがレストランのソースを軽く超えてて激ウマ

しらべぇ / 2018年10月13日 13時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

スーパーマーケットでもよく見かける、高級感のあるパスタソース『青の洞窟』。

1食200円以上することがほとんどのセレブ向けパスタソースだが、その青の洞窟の中でもさらに高級ラインの『GRAZIA』というものが存在する。

■青の洞窟GRAZIA

(©ニュースサイトしらべぇ)

『GRAZIA』は現在カルボナーラ・ボロネーゼ・ボンゴレビアンコの3種類だが、値段はどれも300円以上とかなり高め。

もうちょっと出せばサイゼリヤでパスタを食べられてしまうぐらいだが、本当に美味しいのだろうか? それぞれ食べ比べてみることにした。

■あさりの風味がたまらないボンゴレ

(©ニュースサイトしらべぇ)

まず1つめの『ボンゴレビアンコ』は、あさりの量がハンパじゃない。白ワインを使用したソースも貝の旨味を強烈に感じるほどだ。

ただ、やはりレトルトだからか貝にかなり火が通ってしまっているため、生の貝を使った高級レストランのボンゴレビアンコにはあと一歩及ばないか。

■カルボナーラはベーコンが上等

(©ニュースサイトしらべぇ)

お次の『カルボナーラ』は、ソースは一般的なカルボナーラと大差ないものの、具材のベーコンがたっぷり入っており、さらに燻製の香りをしっかり感じられる上等なもの。

また、ブラックペッパーも粗びきで香りが良いものを使っているので、完成度はかなり高い。クリーム系のパスタが好きな人なら納得の味だ。

■ボロネーゼの味は…

(©ニュースサイトしらべぇ)

最後は『ボロネーゼ』。コレがヤバいぐらい美味しかった。例えるなら肉を自分で粗びきにし、赤ワインを使ったコクのあるソースでじっくり煮込んだものと変わりない。

煮込みのソースなのでレトルトにしても味は落ちず、むしろ大量に作るのでより旨さが増していると感じた。コレは高級レストランのボロネーゼに匹敵する美味しさである。

■パスタ好きはぜひ一度試して

(©ニュースサイトしらべぇ)

パスタを入れると1食400円程度になってしまい、普通のソースを使うよりもかなり高価になってしまうが、ボロネーゼだけは絶対に一度食べてほしいぐらい激ウマ。

日本のパスタソースもここまできたかー。と感動してしまう青の洞窟のGRAZIA、パスタ好きはぜひ試してみよう。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング