日本でも続発する卑劣な犯行 「デートレイプ・ドラッグ」という性犯罪の危険性

しらべぇ / 2018年10月21日 15時30分

写真

(RyanKing999/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

日本では、海外に比べて馴染みが薄かった「デートレイプ・ドラッグ」という言葉。残念なことに近年は、日本でも耳にする機会も増え、実際に事件が多発している。

■もうろうとした女子生徒への犯行

しらべぇでも既報だが、16日、酩酊状態の女性に乱暴したとして、神奈川県警神奈川署は準強制性交の容疑で、慶応大学2年の男を再逮捕した。

17日、中国籍の男を準強制わいせつ容疑で逮捕した。男は、東京・新宿歌舞伎町の路上で、ツイッターで知り合った高校2年の女子生徒に、睡眠導入剤を混入させた飲料を飲ませたのち、乗用車に連れ込み下半身を触るなどのわいせつな行為をした。

直近に起きた事件がこれらだが、意識が薄れた者への乱暴は、数えきれないほど報道されている。

■アルコールだけでも危険

「デートレイプ・ドラッグ」は、その名の通りレイプに使われる薬物のこと。リキッド、幻覚剤、粉末や錠剤、液体など様々だ。報道でも見られるように、一般的な睡眠薬、睡眠導入剤をデートレイプ・ドラッグとして使う犯罪者もいる。

ドラッグ使用ではなく、過度の飲酒をすすめて女性を酩酊状態にし、性暴力をふるうケースもある。度数が高いアルコールは味がわかりづらく、少量でも意識が飛ぶこともあり得る。

■2003年、スーパーフリー事件

さかのぼること2003年。早稲田大学の元公認サークル「スーパーフリー」が常習的に集団強姦(輪姦)をおこなっていた、という卑劣な事件が明らかになった。

彼らは、アルコール度数90度以上の度数の強いお酒を炭酸水などと混ぜて飲ませて酩酊させて乱暴する、という手口だった。

■フロリダ発祥のメッセージ

昨年ころ、アメリカ・フロリダ州にあるレストランの女子トイレに貼られていたポスターが話題になった。

<日本語訳>

「あなたがデートサイトで会った相手は、プロフィールに書いてあった情報と違いますか? 身の危険を感じたり、ちょっと違和感を覚えたりしますか? 私たちがお助けします。バーカウンターで『Angel Shot(天使のショット)』を注文してください。

NEAT(ストレート) :バーテンダーがあなたを車までエスコートします。

WITH ICE(氷と一緒に):バーテンダーが車を呼びます。

WITH LIME(ライムと一緒に):バーテンダーが警察を呼びます」

地元紙が取り上げてから他の飲食店でも同じ内容を提示し、「全てのレストランが、女性用トイレにこのポスターを貼るべき 」とフェイスブックやTwitterで拡散された。

■身近な危機から自衛を

日本でもSNSやアプリが普及している現代、誰かと知り合うことも手軽で気軽だ。海外のみならず日本でも、女性は自衛を強いられている。自分の身を守るためにできる、せめてもの対策をするしかない。

デートレイプ・ドラッグを用いた事件があるという事実、そして「前後不覚の相手を押し倒すのは準強制性交等罪(5年以上の有期懲役に処せられる)」という認識が広まり、社会全体の防犯意識を高める必要があるだろう。


(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング