12階から自転車を落としてケガ負わせた無職の男 犯行理由に怒りと呆れの声

しらべぇ / 2018年10月19日 20時0分

写真

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

8月大阪府堺市内で、府営団地の12階から自転車が落とされ、住人の女性(76歳)がけがを負った事件で、26歳無職の男が19日、殺人未遂の疑いで逮捕されていたことが大阪府警によって明らかにされた。

■12階から約20kgの自転車を…

府警の発表では8月28日午後3時15分頃、男は同府堺市にある14階建ての府営団地にて、12階から重さ約20kgの自転車を投げ落とし、通りがかった女性にぶつけ、頭などに重傷を負わせた疑いがもたれている。

自転車12階の住人が所有していたもので、屋根にあたった後、女性にぶつかったという。府警は防犯カメラの映像から男を割り出し、逮捕に踏み切ったようだ。

■怒りに任せ自転車を…

大阪府警の発表によれば、男は犯行理由に関して、現場で男性と口論になった後、「怒りに任せて自転車を投げ落とした」と語っているという。

男は自転車を投げ落とした事実は認めているものの、「女性を狙うつもりはなかったと」一部容疑を否認している。

■「呆れた犯行理由」に怒りの声

報道を受け、ネット上では男の犯行理由に怒りの声が相次いでいる。

「容疑を一部否認? バーカ殺人未遂だろうが」

「狙ったかどうかの問題でない。殺人未遂に等しい行為だ」

「道歩いてるだけで上から自転車降って来るなんて、普通考えもしないもんなぁ…被害者が気の毒過ぎる」

「狙うつもりがあろうが、なかろうが、12階か自転車を投げ落とす、26歳にもなって結果、人が亡くなってないだけで、間違いなく殺人未遂だな」

男が起こした行動は、仮に女性を狙っていなかったとしても明らかに危険な行為。

一部の人間が起こした身勝手な犯罪によって、傷つく人が生まれてしまうのはあってはならない。


(文/しらべぇ編集部・小林 たかし

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング