故・岡田真澄さん娘が『ミス・インターナショナル』日本代表に 父から受け継いだものとは

しらべぇ / 2018年10月24日 18時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

ミス・インターナショナル(©ニュースサイトしらべぇ)

美しさや知性、人を惹きつける魅力を持った「美の親善大使」を決める『ミス・インターナショナル』の日本代表選出大会が23日に開催され、グランプリと準グランプリ4名が決定した。

その、名誉ある2019年度のグランプリに輝いたのは、俳優の故・岡田真澄さんの一人娘・岡田朋峰(おかだ・ともみ)さんだ。

■緊張しながらも楽し

大会ではミス・インターナショナルへの思い込めたスピーチを堂々たる態度で語り、水着やドレス審査を勝ち抜いた彼女。

(©ニュースサイトしらべぇ)

大会後の会見では安堵の表情を浮かべつつ、「ミス・インターナショナルはすごく長い歴史のあるコンテストなので、日本代表に選んでいただくというのは…喜びを感じております」としみじみ。

厳しい審査については「緊張はしましたが仲間もいましたし、すごく楽しめて自分を表現できた」と話す。20歳のいち大学生であるものの、あの大舞台を楽しむ余裕すらあったと言うのだから驚きだ。

■父への良い報告に喜び

父・真澄さんは、ミス・インターナショナル日本大会および世界大会の司会を長い間務めていた。その娘がその大会にてグランプリを受賞となるのだから、運命的なものを感じる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

その点について尋ねると「父がこの司会をさせていただくときに、すごく熱意があったというものを(自身が)幼いながらにして見てきたので…」と当時を振り返り「日本代表になれたことは本当に大きな喜びです」と改めて喜びを噛み締めた。

続けて「父は『よく頑張ったね』と褒めてくれると思います。きっと、世界大会でまた会えるねって」として、良い報告ができると笑顔。

■受け継いだものは「人格」

取材陣から「真澄さんから受け継いだものはありますか?」と質問が飛ぶと、「父の人格そのものだと思っております」と即答した。

「父自身もエレガントなので、私もその部分を受け継ぐことができたのかなと思います」というように、気品があり厳格な一面もあったという真澄さんから受け継いだものは多かったのだろう。

■今後の活躍にも期待

(©ニュースサイトしらべぇ)

グランプリの獲得自体は喜ばしいことだが、そこがゴールではない。今後の活動について尋ねると、「この1年間は、日本だ表としてたくさんの人に出会って直接メッセージを伝えていけたらなと思ってます」と力強く意気込む。

なお、準グランプリ2位〜5位は文元麻由奈さん、寺西麻帆さん、藤本美咲さん、田中蓉さんだ。今後、彼女たちが大きく活躍してくれることに期待したい。


(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/KEN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング