大塚愛、SUの不倫相手からの嫌がらせで被害届か 「怖すぎる」と悲鳴相次ぐ

しらべぇ / 2018年11月22日 13時0分

写真

(画像は大塚愛公式Instagramのスクリーンショット)

歌手の大塚愛が21日、RIP SLYMEのSUと離婚したことを報告。2010年6月に結婚し、11年3月には長女が誕生していたが、昨年4月にSUが22歳年下のモデルとの不倫が報じられていた。

一部では、不倫相手から嫌がらせがあったことも報じられており、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

■相手女性からは「嫌がらせ」も?

離婚にいたった心境について「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」と説明している大塚。ことし7月にリリースした『あっかん べ』の歌詞では、白のスカートを穿いたあの子が真夜中にインターホンを押してくるといった内容もつづられている。

『スポーツ報知』によれば、SUの不倫報道後には相手女性からの嫌がらせがあったとし、大塚が被害届を提出するほどにエスカレートしていたという。そのため、子供に危険がおよぶことかもしれないと、別居生活を送っていたとのこと。

また、『スポニチ』では相手女性がSUと交際している際に、大塚のSNSに何度も「別れろ」とメッセージを送っていたことも報じられている。

■「怖すぎる」「ありえない」

報道を受け、ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』などでは、「怖すぎる」「離婚してよかった」との声があがった。

「本当だったら最悪。人の家庭壊して嫌がらせとかあり得ない」

「大塚愛離婚かー不倫相手から嫌がらせって…怖い怖い」

「相手からストーカー行為があったとするとかなり深刻…離婚は間違いなく正解だと思う」

「子供もいるのに不倫して不倫相手が奥さんに嫌がらせってまじでくそやな! 大塚愛まじでかわいそう」

■「すべての元凶はSU」と非難も

また、すべての元凶ともいえるSUにも非難の声が相次いでいる。

「大塚愛さん可哀想。不倫最低。リップスライムの他のメンバーにも大迷惑。最悪。SU氏、残念」

「てゆーかSUが責任感なさすぎ 大塚愛もよくここまで耐えたよね」

「不倫相手が強烈だからそっちばかりに意識が行くけど、不倫して奥さんと子供を危険にさらしたSU爺も大いに非難されるべきだと思う」

「すべての元凶はSUだろ。リップまで無くした罪は大きい」

■好きな人が既婚者だったら…

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女672名に「好きな人が既婚者だった場合」について調査したところ、1割強が「自分はあきらめないと思う」と回答している。

sirabee20180110nakamura006(©ニュースサイトしらべぇ)

ネット上では大塚の幸せを願う声が数多くあがっているが、今後の活動に期待したい。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日

対象:全国20代〜60代女性672名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング