『ギャル流行語大賞』の発表に衝撃 「ひとつも知らない」「ギャルも使わない」と若者も大混乱

しらべぇ / 2018年12月6日 8時30分

写真

(©︎ぱくたそ)

(©︎ぱくたそ)

先日発表された『2018ユーキャン新語・流行語大賞』では、「そだねー」が年間大賞に輝き様々な面で話題を呼んだ。一方で、5日に『ギャル流行語大賞』なるものが発表され注目を集めている。

■気になる受賞語は…

ギャル流行語大賞は、女性向けエンタメニュースサイト『GRP』が発表しているもので、過去には「マ?」(マジ?の略)や「沸いた」(興奮状態を表す意味)など、まさに若者のみにフォーカスしたワードが選ばれている。

今回、受賞した10位から9位までのワードがこれらである。

10位:セトア/9位:どちゃくそ/8位:ミートテック/7位:すこ/6位:ぐい縦ぐい横ぐい斜め的な/5位:あざまる水産/4位:映え/3位:あげみざわ/2位:好きピ

なんとなくで意味がわかりそうな「すこ」「映え」などのほかに、「ぐい縦ぐい横ぐい斜め的な」「あざまる水産」など文字だけでは理解不能なワードも目立つ。

そして、このような多種多様なワードの中で1位を獲得したのは、動画共有アプリ『TikTok』で爆発的にヒットした曲のワンフレーズであった。

1位:いい波のってんね~

■「ひとつも知らない」と騒然

「ギャル」というかなり限定的に流行ったワードであるため、ネット上では「どれもわからない」と衝撃を受けた人が多く見られた。

「ギャル流行語大賞を見て驚愕。全然聴いたことない言葉が並んでいる」

「1位の使い方がわからない(笑)」

「ギャル語流行語大賞? のやつひとつもわからない」

「ギャル流行語大賞のあざまる水産って何? 磯丸水産の姉妹店みたいなやつ? 」

■「ギャルも使わない」の声も

一方で、若い世代はのみならず「ギャルですら使っていないのでは?」と言った意見もちらほら。

「『あげ』の進化系で『あげみざわ』らしいけど全く聞いた事ない、いよいよギャル失格かもしれない…」

「『あげみざわ』が3位になってるけど、これってギャルが使う!?(笑)」

また、「すこ」などは「もともとネットスラングでは?」と疑問視する声も。

■話題だからと言って…

ユーキャン新語・流行語大賞しかりギャル流行語大賞など、日本人は何かと流行りものが好きな人が多い印象を受ける。

そこでしらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,365名を対象に「流行」について調査を実施したところ、55.4%は「面白さが分からない」と回答。

今回のギャル流行語大賞を受け、「いま何が流行っているか」に興味が湧いた人も少なくないのではないだろうか。


(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング