「幻の魚」クエ漁に同行したらまさかのヒット 40kgオーバーの巨大魚は本当に釣れるのか

しらべぇ / 2019年3月11日 8時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

クエ

「クエ」という魚がいる。ハタの一種で、綺麗な白身に適度な脂とうま味が乗り、鍋や刺し身にすると抜群にウマいのだが、「幻の魚」とも呼ばれ、我々庶民の口にはなかなか入ることはない。

なにせ大きなものでは体長1メートルを超え、重さは50kgにも及ぶ。しかも海底で岩が入り組んだ、いわゆる「根」と呼ばれるところに潜み、釣り上げるのも一苦労なのだ。

釣り人には、地域によってモロコとも呼ばれ、「磯の帝王」「化け物」「怪物」などと畏れと憧れを集めている。そんなクエを「1日に1本はあげている釣り船がある」と聞き、しらべぇ取材班は宮崎県に飛んだ。

■雨と2メートルの荒波の中…

ところが出漁当日は、低気圧が接近してあいにくの雨。しかも、海上は1〜2メートルの波が立っているという。

早朝6時半、出港の準備をしている第5慶門丸。この船は遊漁船だが、船長の門脇さんは元漁師で船長歴28年の大ベテランだ。また、乗船した3人の釣り人たちも、いずれもクエを釣り上げた経験のある猛者揃い。

これは幻が幻じゃなくなるんじゃないか…と期待が高まる。

■餌もハリもデカい

漁師や釣り人の中には、秘伝の仕掛けを誰にも教えない人もいるが、こちらの方は快く見せてくれた。

餌はまるまる1匹のイカ。大きなハリが複数ついている。これを人間の頭も入ってしまうくらい大きな口で、ひと呑みにするのだという。また、このリールの大きいこと…。

なお、ソウダガツオを餌にして狙っていた方は、「これはちょっとマズイ」と仕掛けの撮影はNGだった。

■出港1時間でいきなりヒット

門脇船長のやり方は、船の錨を下ろさず、ひとつのポイントを10分くらい攻めては、クエが潜んでいそうな次の根に移動していく方式。出港して約1時間、2つ目か3つ目のポイントに仕掛けを落としてすぐ「食った!」との叫び声が。

ソウダガツオを餌に狙っていた釣り人の竿が一気にしなる。大物釣り専用のすさまじく硬い竿が、根本からぐにゃりと曲がっている。まさに怪物級の引きだ。しかし、1分ほど格闘が続いた後、突然…

クエ

糸が切れた。根本まで引き込まれていた竿が、反動で一気に戻っているのがわかるだろう。こちらの方は40kgまでのクエは釣り上げたことがあるという。「今回のは、それより重かった。デカすぎた…」と悔しそう。

■「幻」である理由とは

この日は、天候がさらに悪化し、波が2メートルを超えるシケ状態になったため、船長が危険と判断して約3時間で終了。3人のベテランが10ヶ所以上のポイントを攻めても、ヒットどころかアタリさえもこの1回だけだった。「幻の魚」と言われるだけのことはある。

門脇船長いわく、「宮﨑沖のクエは、だいたい30〜40kg。いつもは1匹は釣れるが、今日は天気もひどくて釣りにならなかった。クエは餌をくわえると根に潜る習性があるため、そこから引きずり出せるかが勝負。潜られると、岩にこすれて糸が切れる」とのこと。

今回、ヒットしてからすぐにバラしてしまったのも、そのため。ヒットするのが難しいだけでなく、巨体と習性ゆえに釣り上げるのも至難の業なのだ。

■クエの「解体ショー」が!?

幻の魚であり、極上の美味だというクエを釣り上げる瞬間をカメラに収めたい…という希望は打ち砕かれたが、「大阪でクエの解体ショーが行われる」という情報をゲット。

クエ

乗りかかった船(実際には乗りかけではなく荒波の中で一度乗っている)ということで、取材班はふたたび今度は大阪に飛んだ。

珍しい「クエ解体ショー」が行われるのは、大阪の南部・貝塚市にある『くら天然魚市場』。この日用意されたのは、長崎県産40kgの大物だ。

クエ

持ち上げるのも3人がかり。この日は、おろしたばかりの天然クエ鍋セットが格安で買えるということもあり、店内は超満員の人だかりだった。

■超高級魚が回転寿司に

取材班が訪れた『くら寿司』では、解体ショーだけでなく、今月15日から21日まで天然クエを1貫200円(税別)で提供するという。

クエ

そもそも存在自体が「幻の魚」であり釣り上げるのも至難の業なので、回転寿司で食べられること自体珍しいが、お値段も驚きだ。さらに、一般の魚は、全体の4割ほどの身を寿司ネタにできるが、頭が大きく骨も太いクエは3割ほどにとどまるそうだ。

そのため、寿司にできない部分はアラ汁として出したり、それでも食べられない部分は養殖魚の餌として再利用するなどして採算をとったとのこと。

貴重な巨大魚の味はどんなものなのか。気になる方はぜひ試してみてもらいたい。


(取材・文/しらべぇ編集部・盛山 盛夫

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング