過去の栄光を引きずるのはNG? バンドの再結成さえ批判的な意見も

しらべぇ / 2019年3月22日 7時30分

写真

(DAJ/Getty Images Plus/写真はイメージです)

誰にだって、楽しかった過去の思い出はあるものだ。しかし過去ばかり引きずっていては、前には進めないだろう。

■過去の栄光を引きずっている人は少数

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に「過去について」の調査を実施。

過去の栄光を引きずっているグラフ

「過去の栄光を引きずっている」と答えた人は、全体で15.4%と少ない割合であった。

■若い頃にモテた栄光を引きずる30代女性

性年代別では、30代女性が一番多くなっている。

過去の栄光を引きずっている性年代別グラフ

中でも若い頃にモテた女性は、その頃を引きずってしまうようだ。

「若い頃はそこそこモテていたので、そのことを自慢してしまう。今は結婚して子供もいるから恋愛とは縁のない生活をしているし、なにより体型も崩れて昔のかわいさはないのに。

若いからとちやほやされるのに甘えず、ちゃんとしてきた人は本当に偉いと思う」(30代・女性)

■バンドの再結成に否定的な意見も

バンドの再結成でさえ、懐古主義を感じると思っている人もいる。

「個人的には、バンドの再結成もあまり好きじゃない。当人たちの勝手だけれど、できれば思い出はそのままにしておいてほしいって思う。

昔の曲を聞いて盛り上がるってところも、懐古主義な感じがするし。新しい曲をどんどんと作っていくのなら、まだいいと思うけど」(40代・女性)

■過去を懐かしむのに肯定的な人も

年を取って昔を懐かしむことは、多くの人が持つ感覚だとの意見も。

「年を取ると、過去の楽しかった時代とかをふと思い出すことが多くなる。それを前向きでないと言われるとそうかもしれないけれど、青春時代の懐かしさって誰でも持っているもの。

バブル世代の間でディスコが再ブームしているのとか見ていると、同じような気持ちの人がいっぱいいるんだなと思う」(50代・男性)

思い出に浸るのも、たまにはいいものかも。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日

対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング