下北沢駅に初のロボット駅員が就任 「ロボットが仕事」には賛否割れる

しらべぇ / 2019年3月24日 10時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

昨今増えるAIロボットの運用。まだまだ浸透しきっていないものの、徐々にその活躍の場が増えている。そんな中、京王井の頭線下北沢駅に、初のAIロボット駅員が誕生した。

■目指すは「駅長」

先日、京王電鉄の中央口で一足早い入社式が行われた。そこには、頭に駅員帽をちょこんと乗せ、まんまる目で丸みのあるフォルムをした、とても愛らしい駅員が出席していた。これこそがAIロボット駅員の「下北沢レイ」だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

下北沢駅の案内係として配属された、れっきとした京王電鉄の新入社員である。レイは、AI(人工知能)ロボット。利用客の多い駅でのサービス向上や、東京オリンピック時での使用を視野にいれ、試験導入されたという。

質問すると、音声とディスプレイで回答。運行情報や乗り換え案内、駅構内や周辺の案内まで可能だ。答精度はお客との対話が増えるほど上がっていく。ステップアップしていき、いずれは「駅長」を目指しているとのこと。

また、名前の「レイ」はゼロからスタートするという意味が込められているという。人間の新入社員と同じく、最初はミスがあるかもしれないが、ここはやさしく成長を見守っていきたい。

■多方面で活躍するAIロボットたち

AIロボットの運用は飲食店などでも行われている。ポタージュスープを使ったラーメンが人気の「THANK(サンク)」では、AIロボットによる「顧客おもてなしサービス」を導入。

一度来店したお客の顔をロボットが覚え、顔パスサービスを行うというものである。昔ながらの密な人間関係を、ロボットを介して築こうという、画期的なアイデアだ。

また、居酒屋「くろきん神田本店」では、飲み会にロボットを参加させ、一緒に会話ができる「ロボット席」の運用をおこなっている。可愛らしい外見を見ながら、プライベートな話でも気にせずできるということで、お酒の席が盛り上がりそうだ。

■ロボットに仕事をさせることに賛否

新しい試みには、いつでも様々な意見が寄せられるもの。今回も、人間ではなく機械に仕事をさせることに賛否がある。

「かわいい。早くロボットと暮らせるようにならないかなぁ」

「どこまで案内してくれるか楽しみ」

「ミスがあってもいいから、ロボットではなく人に相談したい」

■AIロボットと友達になる日がくる?

しらべぇ編集部では、「人工知能と友達になってみたいと思う」を全国20代~60代の男女1352名を対象に調査を実施した。全体では、14.5%という結果。全体平均を下回ったのは、20代女性のみ。他は5人に1人は友達になってみたいと思っていることが判った。

AI(©ニュースサイトしらべぇ)

「音声認識に限界がある」とロボット店員を撤去した「変なホテル」のようにロボット店員を大量リストラしている事例もある(照明のON・OFFや目覚まし、天気案内などの機能が備わっているものの、AI機能が搭載していたわけではないためだったが…)。

まだまだ、AIロボットの運用は始まったばかり。はたしてSF映画のような時代はくるのだろうか。


(文/しらべぇ編集部・与沢 舞



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日

対象:全国20代~60代の男女1,352名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング