大事なのは「見た目」か「中身」か?  中高年は年相応の美しさを求める傾向も

しらべぇ / 2019年3月21日 9時30分

写真

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

美魔女と呼ばれる女性が多く取り上げられている昨今。実年齢よりも断然若々しく見える彼女たちはもちろん魅力的だが、果たして若さを保つことが真の美しさなのだろうか。

■「若さ=美しさ」と考えるのは4割以下

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査を実地。その結果、全体の62.2%が「若さを保つことだけが美しさではないと思う」と回答し、過半数をしめる結果となった。
美しさ

なお、男性では60.0%、女性では64.3%と、女性に多く見られることも明らかに。

■加齢とともに上がる割合

さらに、この調査結果を男女年代別で見てみると…

美しさ

女性は年代が上がるにつれて割合が高くなることが見て取れる。その中でも、もっとも割合が高いのは60代女性で74.7%。自身が年齢を重ねることで「若さ=美しさ」という概念がなくなっていくのだろうか

一方男性では、50代が70.0%と女性を上回るという意外な結果となった。

■経営者層は見た目より内面?

さらに、「若さを保つことだけが美しさではないと思う」と回答した割合を、職業別で見てみると…

美しさ

経営者・会社役員、自由業が7割台と全体平均を大きく上回ってランクインしていることが判明。会社を経営する立場の人たちは、見た目ではなく内面を重視するということだろうか。

対して、もっとも割合が低いのは学生層で44.4%。若さとフレッシュさを兼ね備える若者たちは、まだまだ若さを保つことをそこまで意識していないのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・ほうき



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日

対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング