2キロの伊勢エビでエビフライを作ったら… 衝撃的仕上がりに「豪快」「スゴい」

しらべぇ / 2019年4月21日 16時20分

写真

(画像はタケヤキ翔YouTubeのスクリーンショット)

多くの人が好きな「エビフライ」。揚げ物の中でも鉄板の人気を誇る食べ物であり、「お腹がはちきれそうなほど食べたい」と思う人も少なくないのでは。

そんな中、「伊勢エビ」を丸ごと使ってエビフライを作るという動画が、ネット上で注目を集めている。

■伊勢エビでエビフライ

動画をアップしたのはユーチューバーのタケヤキ翔。彼は食べ物の中でエビが一番好きだそうで、そのエビの中でも高級食材として知られる伊勢エビを使って、エビフライを作ることを思いついたよう。

■27000円の伊勢エビをフライに

発泡スチロールを開けると、生きたままの伊勢エビが。値段は27,000円もしたといい、これを氷水に漬けて、動きを奪い、解体しやすい状態にしていく。

次に、頭と身の間に包丁を入れ、尾の先をくるっと回して切り離す。そして、尾の殻をハサミで切っていくと、特大サイズのエビの尻尾が誕生する。

■その美味しさに感動

そしてパン粉や卵をつけて下ごしらえすると、油の中にイン。30センチ程度はありそうな鍋が埋まるほどのサイズ感の、特大伊勢エビフライが出来上がる。

これを実食したタケヤキ。かじりついた途端、表情が変わり、「んんん!」「めっちゃ美味い!」とその味に太鼓判。衣が大きい割に身が少ない市販のエビフライと比べて、伊勢エビフライは「身に衣の薄い膜が張ってる感じ」と、ボリューム的にも文句ない仕上がりだったようだ。

■「うまそう」「羨ましい」

この動画に対し、視聴者からは「うまそう」「豪快」「羨ましい」などの声が。

「伊勢エビフライ、マジ贅沢でうまそう」

「豪快なエビフライですな笑」

「こんなにデカいエビフライ食べたい!!」

「こんなん食べるの夢やわぁ」

「高級海老なのにちょっとフライにするの勿体無い気もしちゃった! でも羨ましい」

ユーチューブならではの、豪快な内容の今回の動画。なかなか真似できなさそうにな内容であるだけに、価値のあるレポートだったと言えるのでは。

《参照:タケヤキ翔YouTubeチャンネル》


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング