29歳男、ハローワークでスプレーを噴射 その動機に「マジか…」と騒然

しらべぇ / 2019年4月18日 19時30分

写真

(Анатолий Тушенцов/iStock/Getty Images Plus)

ハローワークは、仕事を探している人が訪れる場所。当たり前だが、周囲に迷惑をかけるために行くワケではない。

17日、20代の男が催涙スプレーのようなものを噴射し、職員など6人が病院に運ばれるという事件が発生。男がスプレーの噴射するに至った理由に、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

■29歳の男がスプレーを噴射

報道によると、事件の舞台となったのは神奈川県大和市にある「ハローワーク大和」。

職員が個別対応のスペースにて、29歳の自営業の男の応対をしていたところ、男がスプレーを噴射したという。

これにより、男女6人が病院に搬送。幸いにも、軽傷だったという。

■「自分専用のハローワーク」を要求

現場に駆けつけた署員によって、男は公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕されることになった。

なお、ハローワークによると、男は以前から何度か訪れており、「自分専用のハローワークにしてほしい」などと訴えていたそうだ。

■「意味がわからない」と騒然

この報道に対し、ネット上では「意味がわからない」「なんだそれ」など、ツッコミの声が相次ぐことに。当然と言えば、当然の反応だろうか。

「ちょっと意味がわからないです」

「なんだそれ」

「自分専用ってまた大きく出たなあ」

「さすがにちょっと意味がわからなかった」

「なんだかなぁ…」

■4割以上が「無職でいるのはいけない」

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,498名に「仕事について」の調査を実施。その結果。「無職でいるのはいけないと思うほうだ」と答えた人は、全体で44.1%と高い割合となった。

無職はいけないとと思う性年代別グラフ

性年代別で見ると、20代から30代では男性よりも女性が高い割合になっている。

逮捕された男は自営業だったと言うが、ハローワークに訪れていたということは、新しい仕事を探していたはず。それが上手くいかず、自分で自分を追い込んだ結果、おかしな行動に出てしまったのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング