現役慶大生のハーフモデル・せたこ 『サンジャポ』初出演で小室圭さんの米国留学にチクリ

しらべぇ / 2019年4月21日 11時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

21日放送のTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』に、起業家志望の女子高生モデルとして注目を集め、今春晴れて慶應義塾大学に入学した、せたこが初出演した。

■イランと日本のハーフ

せたこは、2001年生まれのイランと日本のハーフ。ファッションが好きで、2018年、異文化交流をテーマにしたエシカルブランド『SETAKO』を設立している。

オリジナリティあふれる自身の私服コーディネイトを「セタコーデ」と呼び、 慈善活動などにも積極的に参加。ELLEgirlが5月14日にローンチする新プロジェクトに「ELLEgirl CREATORS」として参加し、モデルやクリエイティブな活動をスタートする。

菜々緒や中村アンが所属するプラチナムプロダクションの後輩にあたり、サンジャポには今回が初めての出演となる。

■芝生が大好き

SETAKO

19日発売の『FRIDAY』に博多大吉と赤江珠緒のツーショットスクープが掲載されたことを扱ったコーナーでは、芝生の上でマスク姿で座る写真に「素敵な写真ですね! 私、芝生が大好きなんですよ!」とユニークなコメント。

また、米国の弁護士資格を取得するため、ニューヨーク州のロースクールに留学中の小室圭さんについてのトークコーナーでは、小室さんの米国留学について「じつは雰囲気だけ?」とバッサリ。

米国の弁護士資格だけでは日本の法廷に立つことはできないため、「ニューヨークって遠いからマスコミが追いかけてこないのと、かわいいビンテージショップがいっぱいあるので、ショップめぐりに行ってるんだと思う」とスタジオの笑いを誘った。

■今後の活躍に期待

艶やかな衣装に身を包み、エキゾチックな美しさで番組に華を添えたせたこ。番組初出演とは思えないコメントとリアクションの腕も披露し、今後もモデルだけでなくバラエティ番組などでも要チェックだ。


(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング