指原莉乃も絶賛! 「AKB48を使ったナンパテクニック」に納得の声

しらべぇ / 2019年4月25日 5時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

23日放送の『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)にHKT48の指原莉乃が出演。サイテー男が明かした恋愛テクニックが話題になっている。

■「フォーチュンクッキー戦法」

番組では、「ナンパに見せないナンパテク」をテーマにトークを展開。歪んだ恋愛観をもつサイテー男たちから次々と独自のナンパテクニックが明かされた。

その中でお笑いコンビ・真夜中クラシックの高橋佑介は「フォーチュンクッキー戦法」という作戦を挙げ、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』を歌い始める。そして、歌の途中で「」と指原に振ると、指原は小声で少しだけ歌ったのち「いやいや…こんな番組で歌いたくない!」と拒否する。

■「これ使えそう」と納得

これを受け、高橋は「指原さんのこと抱きました」と自信満々に言ったあと、この作戦の種明かしを始める。

高橋によれば、同曲のような「誰でも知っている歌」を狙っている女性の前で歌い、途中から女性にパスしたときの反応で「イケる」かどうかがわかるという。相手が無視をした場合はナンパは失敗だが、もしも歌い返してくれた場合、その相手は「押しに弱い」「空気を読む」「断れない」といった特徴があることからナンパに成功しやすくなるとのこと。

この戦法に、指原は「実際たしかにわかるかも」と納得。「歌う人って本当にノリがいいか、(ナンパしてきた人に)興味があるかじゃないと歌わないから」「たしかに、これ使えそうですよね。実践できそう」と絶賛した。

■ナンパについて行った経験は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「ナンパ」について調査したところ、1割強が「ナンパされてついて行ったことがある」と回答。男女・年代別で比較すると、全年代で女性のほうが多い結果となった。

ナンパされてついていったことがある性年代別グラフ

指原も太鼓判を押したフォーチュンクッキー戦法。街中で気になる相手を見つけたときは、思い切ってこの方法でナンパしてみるのもいいかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日

対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング