理由はないけどなんか無理! なんとなく苦手な相手がいる人がとんでもない割合に

しらべぇ / 2019年6月1日 20時30分

写真

(©ぱくたそ)

とくになにかされたわけでもないのに、なんとなく苦手に思っている人はいないだろうか。簡単に人を嫌いになるのはよくないことだが、感情が勝ってしまうのだ。

■「なんとなく苦手がいる」8割

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「人間関係について」の調査を実施。

なんとなく苦手な人がいるグラフ

「なんとなく苦手な人がいる」と答えた人は、全体で80.8%もいることが判明したのだ。

■おもしろいところもあるけれど…

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

なんとなく苦手な人がいる性年代別グラフ

人付き合いでもあれこれと詮索してしまい、勝手に苦手意識を持つパターンも。

「なにかされたわけでもないけれど、なんとなく苦手な先輩。ものすごく頭が切れる人だから、こちらが気後れしてしまっているのだと思う。

やっぱり、私と同じように思っている人も多いみたい。話すと楽しいから少しかわいそうな気もするけれど、やっぱり苦手…」(20代・女性)

■気の強そうな見た目が苦手

もともと女性と話すのが得意でない男性は、気の強そうな女性に苦手意識を持っているという。

「気の強そうな見た目のため、勝手にこちらが苦手に思っている女性の後輩がいる。他の人たちは『たしかに気の強いところもあるけど、いい子だよ』と言うけど。

でも『気が強い』のは当たってるし、怖くて距離を取ってしまう。もともと女性と話すのが苦手だから、『気が強い』となるとさらに怖いんだろうな」(30代・男性)

■苦手な相手と仲良くなることもあれば…

苦手だと思っていた人と、仲良くなるパターンも多い。

「最初に『苦手だな』と思っていた人と、ものすごく仲良くなることもある。そんな展開もあるので、コミュニケーションを取らないまま、距離を置くのはもったいないと思う」(20代・女性)

一方で苦手だと思っていたら、やはり性格に難があることも。

「転職したてのとき、笑顔で話しかけてきた人に、なぜか警戒心を持ったことがあった。後で人の悪口を陰で言いまくっている人と知り、下手なこと言わずにいてよかったと思った。

最初に感じた苦手な気持ちって、鋭い勘が働いていることも多い気がする」(30代・女性)

8割もの人がなんとなく苦手な相手がいると思えば、少しは罪悪感も薄れるかも。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング