大橋未歩アナとマツコも論争 「下着を男性の好みにあわせて着るのはアリ?」

しらべぇ / 2019年4月30日 13時0分

写真

(alfexe/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「相手の男性の好みの下着」を着ける女性はどれぐらいいるのか、29日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、賛否わかれるこの疑問を独自調査。驚きの結果に大きな反響が起きている。

■4日間100人に調査

「下着を男性の好みにあわせて着るのはアリか」、同番組では以前この話題に言及。

フリーアナウンサー・大橋未歩アナは「相手が望むものを着ける」派、株式トレーダー・若林史江氏は「私が決めること」と反対派。マツコ・デラックスは「男性側から指示するのは、ポルノショップでボンテージを買うようなもの」と多様な意見が飛び交っていた。

平成最後の『5時夢』放送となるこの日。この賛否わかれる疑問の答えを導くべく番組では街頭調査を実施。4日間で100人の女性に話を聞く。

■アリ派ナシ派の主張は?

男性から「お前の下着はイケてないから俺が選ぶ」と言われたさい、どう感じるか。この質問を女性たちに投げかける。アリ派は「洋服を脱いだ瞬間ハッピーなほうが。お互い楽しいほうがいい」「よく見てくれてるって愛を感じる」との意見が目立つ。

対してナシ派も「下着は究極。受け入れたらエスカレートしそう」「ムードなんて脱ぎとったら終わり。そこまで持っていくムード作りを頑張れ」「下着にこだわる男はキモい」と一歩も引かない主張が続く。

さらに「カワイイ彼女が着てる下着も愛せよ」と怒りを滲ませる女性までも登場した。

■結果は…

ショップに彼女の下着を買いに来るカップルも多いという昨今。番組調査による結果は、アリが56人、ナシが44人と「下着を男性の好みに合わせて着るのはアリ」派が多いと判明。

この結果を受け、一連のVTRを見終えた若林氏は「やっぱないわ」とまったく納得せず、大橋アナは「男性に迎合するわけではなく、ハッピーなら問題ない。一種のプレイ」と勝利の持論を展開した。

■視聴者からも賛否

同話題には視聴者も敏感に反応。さまざまな意見が寄せられていた。

下着かぁ
俺が下着にそんなにこだわるつもりないからこうゆうの着けてとか言えないなぁ( •̅_•̅ )真面目#gojimu #tokyomx

— UNGINU (@__vloxolv_) April 29, 2019

#gojimu
あんまり過激な下着は…ひくな😅💦

— ★四弦蟲[よんげんむし]☆ (@BASSMUSHI) April 29, 2019

セクシーでも野暮ったくてもそれはそれでOKwww#gojimu

— 萬家めがね (@Yorozuya_Megane) April 29, 2019

ちなみに、カップルで下着ショップを訪れ、彼女と下着を選ぶ様子を見た男性視聴者からは「地獄」と厳しい意見も飛び出していた。

こんなの男にとっては地獄だよな…? #gojimu

— 追跡銀河 (@TsuisekiGinga22) April 29, 2019

■14.7%に「下着を贈った経験あり」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体で14.7%が「異性に下着をプレゼントしたことがある」と回答している。

異性に下着をプレゼントしたことがある性年代別グラフ

身につける衣類は趣味がハッキリとあらわれる。下着も当然こだわりや好みが人によって違うだけに、贈るとなると「自分の好み」を押し付けがちになってしまう。

それを受け入れてくれる異性なら問題ないだろうが、なかにはドン引きする人もいるはず。何事も相手の気持ちを尊重することを忘れてはならないということか。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日

対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング